スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
駒苫・田中が憧れのゴジラと対面し感激!
2006 / 08 / 31 ( Thu )
ヤンキースタジアムに立つ駒大苫小牧・田中(右)と早実・斉藤

 
 【ニューヨーク29日(日本時間30日)=白船誠日】北の怪物が感激した。米国遠征に臨む全日本高校野球選抜チームが当地に到着。ヤンキースタジアムでヤンキース松井秀喜外野手(32)と対面した。駒大苫小牧のエース田中将大(3年)も松井とがっちり握手を交わした。すでにプロ入りの意思を表明している右腕は「ああいう大人になりたい」と心酔した。

 北の怪物がニューヨークでゴジラと遭遇した。急きょ実現したあこがれの人との対面。一塁側ダッグアウトで待っていると、松井が登場。思わず顔がほころんだ。左手首骨折でリタイア中の松井から「夢を持って、常に自分の足元を見つめながら、頑張ってほしいと思います」と激励された。右手を差し出されると、立ち上がってがっちり握手を交わした。大きな右手だった。

 高校生とはいえ、同じ野球選手として感じるものがあった。田中は「人間的にもいい人だと思っていて、話を聞いてみて、やっぱりこういうところが大事だな、と。大人の社会に出て、ああいう人物になれたらいいと思いました。男らしかったです」と感心した。高校野球、プロ野球、そしてメジャー…。ステップアップしながら常に結果を出してきたバットマンに自身の姿を重ね合わせた。

 充実の米国遠征初日だった。JFK空港到着後、ヤンキースタジアムに直行した。左翼後方のモニュメントパークでゲーリッグやルースら名選手のレリーフ前で記念撮影した。クラブハウス付近や記者席、一塁側ダッグアウトを巡った。フェンス前に立ち、土の感触を確かめた。メジャーの空気に触れ「テレビで見るより迫力がありました。(グラウンドの)芝が長かったです」と実感した。

 30日の米国初練習後、クーパーズタウンに移動する。31日は米国東部選抜チームとダブルヘッダー2試合を予定している。すでにプロ入りの意思を表明。9月25日の高校生ドラフトを心待ちにする。田中は「自分たちも日本人メジャーリーガーに負けないようにやっていかなければならないと思いました」と決意を新たにした。「松井の教え」を心に刻んだ北の怪物がアメリカ初陣に臨む。
(日刊スポーツ) - 8月31日9時46分更新
スポンサーサイト
09 : 46 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん 11日に進路表明へ | ホーム | 早実・斎藤 約40球投げ笑顔 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/110-6b866489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。