スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん ゴジラからメジャーの教え
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 日米親善高校野球大会(ニューヨーク、ロサンゼルス)に出場する全日本選抜チームが29日(日本時間30日)、米ニューヨークに到着しヤンキースタジアムなどを観光。球場内では急きょ、米大リーグ、ヤンキース・松井秀喜外野手(32)との対面が実現した。メジャーに憧れる早稲田実・斎藤祐樹(3年)らは米国で活躍する秘訣などの質問をぶつけ、その存在の大きさに感激していた。
 スタジアム見学ツアーで訪れた、あこがれのヤンキースタジアム一塁側ベンチ。全日本選手たちに思いがけないサプライズが待っていた。メジャーリーガー・松井との初対面。“ハンカチ王子”こと斎藤も、渡米前から楽しみにしていた質問の機会に恵まれた。
 あこがれの人を前に長旅の疲れも吹き飛んだ斎藤は「アメリカに来て大変だったことは何ですか?」と話しかけた。これに対し松井は「文化や習慣などいろいろ違う。食事も言葉もね。慣れるまで多少時間がかかるけど、そういうことを楽しいと感じられればいいんじゃないか」と笑顔で答えた。
 副将を務める駒大苫小牧・本間篤史外野手(3年)も「メジャーリーガーと日本人選手の違いは?」と尋ね、松井は「体格が違うけど、日本人は日本人のよさを出して戦わなくてはならない。こちらの長距離バッターと勝負してもかなわないからね」と話した。
 時間にして10分ほどだったが、感動の対面を終えた斎藤は「尊敬する人物だった。会ってみて威圧感と優しさを感じた」と瞳を輝かせた。「“人と同じでは勝てない。日本人のよさを出し、人と違ったことをしないといけない”と言われたことが印象に残った」とすっかり魅了された様子だった。
 一時は“ハンカチ王子フィーバー”で米国にメディアが殺到するのを憂慮した高野連が、予定していたヤンキース戦の観戦や松井との面会要請を取りやめた。しかし球場内を代表取材にすることで、ヤ軍や松井も快諾。松井は練習前の時間を利用して私服姿で選手を激励し、18人全員と握手を交わした。
 グラウンドの感触を確かめた斎藤は「きれいな球場。いつかではなく一度はマウンドで投げてみたい」とメジャーリーガーへの夢を膨らませた。この日は予定していたヤンキース対タイガース戦が雨天中止となったが、あこがれの人との対面がかなった選手たちは大満足だった。
(デイリースポーツ) - 8月31日11時9分更新
スポンサーサイト
11 : 09 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全日本高校野球選抜、野球殿堂訪問 クーパーズタウン | ホーム | 佑ちゃん 11日に進路表明へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/109-2d9ac574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。