スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早大・斎藤が初勝利! 開幕投手で6回無失点=東京六大学
2007 / 04 / 14 ( Sat )
 佑ちゃんが衝撃デビュー! 東京六大学野球春季リーグが14日、神宮球場で早大vs.東大のカードを皮切りに幕を開けた。昨夏の甲子園で早稲田実高を優勝に導き、今春から早大に進学した斎藤佑樹投手が東大との開幕戦に先発デビュー。6イニングを投げて、1安打、8奪三振、無四球、失点、自責点0。140キロ前後のストレートとスライダーのコンビネーションで東大打線に的を絞らせなかった。7回から2番手の松下に継投し、マウンドを降りた。試合は早大が8対0で勝利した。以下は斎藤投手の投球内容。

■1回
 背番号16をつけて、マウンドに上がった斎藤。先頭の井尻への初球は外角へ140キロのストレート。結果はファウル。続くスライダーを打たせて、ファーストライナー。2番の森本哲には、2ストライクと追い込んでから143キロの外角高めのストレートで見逃し三振に仕留めた。3番・岩間には1ストライク2ボールからの4球目、真ん中低めの141キロのストレートでショートゴロ。初回を3者凡退、10球で終わらせた。

■2回
 2点をもらっての2回のマウンド。4番・山田を1ボールからの2球目、真ん中高めのストレートでセンターフライに仕留める。続く高橋には2ストライク1ボールから内角のスライダーで空振り三振。前代には2ストライク1ボールから真ん中低めのストレートで空振り三振と2者連続三振に打ち取った。

■3回
 先頭の大坪を1ボールからの2球目、ストレートでショートゴロに打ち取る。続く黒岩には外角のストレートでライトフライ。重信には2ストライク2ボールから1球ファウルを挟んでの6球目、外角142キロのストレートで空振り三振に仕留めた。

■4回
 早大の3回裏の攻撃に、同じ1年生で先発デビューを飾った原の3ランが飛び出し、リードを5点に広げる。同学年の活躍に笑顔を浮かべる斎藤。4回は井尻をセンターフライ、森本をフルカウントから内角高めの140キロのストレートで見逃し三振、岩間をフォークで空振り三振と、この回も打者3人で仕留める。

■5回
 先頭の山田を2ストライク2ボールからの5球目、真ん中のスライダーでショートゴロ。続く高橋はフォーク、スライダーで攻めると、最後は一転外角142キロのストレートで見逃し三振に仕留める。前代には1ボールから140キロのストレートでセカンドゴロ。5回を終わって、1人の走者も許さないパーフェクト投球を見せる。

■6回
 先頭の大坪に初球のストレートを打たれて、ライトへの二塁打。5回までのパーフェクトが途切れた。その後は、黒岩をショートゴロに抑えると、小島をセンターフライで2死。最後は東大打線で一番タイミングの合っていた井尻を外角141キロのストレートで空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。この試合初めてのセットポジションになったが、冷静な投球で、得点を与えなかった。

最終更新:4月14日14時40分 スポーツナビ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
14 : 40 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃんスゲェ~!開幕先発初星 | ホーム | 佑ちゃんデビューへ「緊張してます」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/1055-82ff83b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。