スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん快投!“ 大学初勝利”
2007 / 04 / 07 ( Sat )
東海大を6回無失点に抑えた早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド(撮影・村中拓久)
東海大を6回無失点に抑えた早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド(撮影・村中拓久)



 早大に入学した斎藤佑樹投手(1年・早実)が6日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた東海大とのオープン戦に先発。6回を2安打無失点に抑える力投を見せた。リリーフした松下建太投手(2年・明徳義塾)がリードを守り切り、試合は2-0で勝利。佑ちゃんが“大学初白星”を挙げた。
 ハンカチ王子が“大学初勝利”を挙げた。
 気がつけば佑ちゃんのペースだった。木製バット対策として咋秋から習得しているツーシームを多投し、打たせて取る投球に徹した。
 直球は141キロ止まりで、奪三振は4だったが、終わってみれば、べストメンバーで臨んだ強豪・東海大相手に許した安打はわずか2本。東海大・伊藤監督は、「ツーシームがよく落ちていたね。先発として十分できるんじゃないかな」と舌を巻いた。
 中軸と下位打線で強弱をつける器用さも見せつけた。ネット裏で視察した巨人・織田スカウトは「考えながら投げている。まだ試行錯誤しながら投げているという印象を受けるが、その中で点を取られないのは大したもの」と評価。横浜・荒井スカウト部長は「足の速い走者が出たときはしつこくけん制するなど、自分で状況判断ができている」と、投球以外のセンスの良さにほれ直した様子だった。
 オープン戦最終週となった4日からの試合では、エース須田(3年)、福井(1年)、斎藤の順で先発。開幕直前のローテはリーグ戦を想定して組まれるケースが多く、14日の開幕戦(東大戦)の先発は須田になる可能性が高くなった。佑ちゃんは、開幕カードではリリーフに回ることも予想される。
 どんな場面であっても、この日の“初勝利”で自信を持ってマウンドに向かえるはずだ。

最終更新:4月7日9時56分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
09 : 56 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早大・斎藤、オープン戦2勝目 | ホーム | 佑ちゃん6回2安打4K無失点>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/1049-1e642696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。