スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんがピリピリOP戦デビュー
2007 / 03 / 21 ( Wed )
 早大教育学部に進学する斎藤佑樹投手(18)が20日、東京・東伏見の早大グラウンドで中大とのオープン戦に登板した。5回を4安打、無失点に抑え5三振を奪う快投を演じたが、ファンのみならず、報道陣も一切シャットアウトした異例の厳戒態勢の中でのオープン戦デビュー。国民的アイドルの注目のマウンドは、厚いカーテンで覆われてしまった。
 グラウンドの門は閉め切られ、増員された警備員たちが目を光らせる。入場を禁じられた報道陣は立ち尽くし、公道から張り巡らされているシート越しに透けて見えるシルエットと、聞こえてくる場内アナウンスを頼りに試合状況を把握するしかなかった。そこには、ハンカチ王子の華々しいデビューに似つかわしくない異例の光景があった。
 今オープン戦は、佑ちゃんパニック回避のため、一般ファンに対しては非公開とすることが2月段階で決定していた。しかし、17日のオープン戦開幕から、報道陣もシャットアウト。注目の佑ちゃんの初の対外試合登板も、同様の措置が取られた。
 観戦が許可されたのは両大学のOBやスカウトらに限られた。異例の厳戒態勢について早大広報部は「学生野球の本分に立ち返って、練習に集中したいとの野球部の意向があった」と説明した。
 早大の現役選手が西武から裏金を受け取っていた(選手はすでに退部)問題とは「関係ない」(広報室)と否定したが、ピリピリムードの背景には、この問題が影響しているのは間違いない。23日に当該選手の学内処分が決まるが、それまでは部として自粛したいという事情もあるようだ。いずれにしても佑ちゃんの投球はベールに包まれ、コメントはもちろん、表情すらうかがい知ることはできなかった。
 球場の外には、「ピッチャー・斎藤君。背番号16」とのアナウンスが聞こえてきた。16番は暫定の背番号。関係者によると、先発マウンドに上がった佑ちゃんは、5回を投げ4安打無失点に抑え、5奪三振。最速144キロをマークしたという。
 対戦した中大・清水達也監督は「すごく頭のいい投手。なかなか連打は出ないと思う」と話し、得意のスライダー、フォークを駆使して三振を奪っていたと証言した。14日の紅白戦に続き、実戦に強い佑ちゃんの真骨頂を披露したようだ。
 だが、そんな快投劇も分厚いカーテンに包まれたまま。「メディアには迷惑を掛けるが、理解してほしい」と広報室。“カーテン”が開くのはいつになるのか。

最終更新:3月21日10時35分

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
10 : 35 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<<斎藤佑樹>オープン戦で敗戦投手 対日体大戦、6回4失点 | ホーム | 佑ちゃん 早実卒業式で決意表明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/1019-d02e2e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。