スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん花マル!堂々0封デビュー
2007 / 03 / 15 ( Thu )
紅白戦に初登板、3回無失点と好投した早実・斎藤佑(後方は応武監督)=沖縄・浦添
紅白戦に初登板、3回無失点と好投した早実・斎藤佑(後方は応武監督)=沖縄・浦添



 佑ちゃんが、六大学のスターへの第一歩を踏み出した-。早大の春季キャンプに参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が14日、沖縄・浦添市民球場で行われた紅白戦に初登板し、堂々のデビューを果たした。紅組の先発として3回を1安打無失点、2三振を奪う快投劇。同野球部は、現役選手が西武からの裏金を受け取っていた問題で揺れているが、佑ちゃんは野球に集中。4月14日の春季リーグ開幕戦・東大戦の先発投手へ、猛烈にアピールした。
 闘争本能が目を覚ました。初の実戦マウンドで、3回1安打無失点の堂々たる投球。試合という舞台が、佑ちゃんのスイッチを「ON」にした。
 先頭打者の松永(新1年)から、得意の外角直球で見逃し三振を奪い、初回を3者凡退に抑えた。“らしさ”が表れたのは三回。大島(新4年)からは左前打を浴び先輩の貫録を見せつけられたが、そこから持ち味を発揮した。
 ピンチをつくっても、得点を許さない。続く白川(新1年)を外角いっぱいの直球で見逃し三振に仕留めると、松永をフォークで遊ゴロ併殺。見る者をうならせる粘りの投球は、昨夏の甲子園でのハンカチ王子をほうふつさせるものだった。
 今キャンプでは「全力投球ができていない」と応武監督を心配させ、フォーム修正に取り組むなど、調整遅れが否めなかった。しかし、アピールすべき実戦の場には、きっちりと合わせてきた。ブルペン投球では高評価を得ていたライバル・福井(新1年)は、白組で先発したものの制球が定まらず3回3失点だったが、佑ちゃんは“本番”に強いところを見せつけた。
 「9人で終わらせたい」という試合前のもくろみは外れ打者10人との対戦となったが、ほぼ完ぺきといっていい内容。予定の3回をピシャリと締め笑顔でマウンドを降りる佑ちゃんを、集まった約1000人のファンが拍手で迎えた。
 裏金問題の余波で佑ちゃんへの取材禁止は続いており、試合後の肉声はなし。だが、マネジャーを通して「今日は60~70点くらい」との自己評価を公表した。4月14日の春季リーグ・東大戦の開幕投手に名乗りを上げているが、その手応えについては「まだ分かりません」とケムに巻いた。
 登板後は、16日の卒業式に備え、チームよりもひと足早く、キャンプを打ち上げた佑ちゃん。20日には中大とのオープン戦登板が控える。目標とする開幕登板へ、ピッチを上げていく。

最終更新:3月15日11時2分

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
11 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん 早実卒業式で決意表明 | ホーム | 裏金問題飛び火…佑ちゃん取材禁止>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/1017-d03b5e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。