スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん“ユニホーム着ました”
2007 / 02 / 28 ( Wed )
練習に励む早実・斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド


 早実・斎藤佑樹投手(18)は27日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた練習に参加し、ブルペンで約80球を投げたほか、ランニング、フリー打撃をこなした。練習後は、合宿所で沖縄キャンプのメンバーが選手名鑑用の写真撮影に参加。沖縄切符を手にしている佑ちゃんも、非公式ながら初めて早大のユニホームに袖を通した。28日は天候や気温と相談しながらシート打撃に登板する予定。

最終更新:2月28日10時55分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
10 : 55 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん“らしくなく”洗礼浴びた
2007 / 02 / 28 ( Wed )
六回、押し出し四球を与えぼう然とする斎藤佑樹=東京・東伏見の早大グラウンド
六回、押し出し四球を与えぼう然とする斎藤佑樹=東京・東伏見の早大グラウンド



 早大に進学する斎藤佑樹投手(18)が27日、東京・東伏見の早大グラウンドで日体大とのオープン戦に先発した。投げる姿は報道陣に初公開されたが、初回に先頭打者本塁打を許すなど6回9安打4失点と“らしくない”内容。初登板した20日の中大戦では5回無失点と快投デビューを飾ったが、今回は大学生の洗礼を浴びた格好となった。
 レベルの高さを思い知らされた。高校時代は“無敵”だった佑ちゃんが、大学生とのオープン戦2戦目で敗戦投手となった。
 一回、先頭打者の亀浦(4年)へ投じたフォークが高めに浮き、右越えに放り込まれた。いきなり初被弾。二回から五回までは安打2本しか許さない安定感を誇ったが、六回に崩れる。押し出し四球を出すなど4安打と2四死球で、3点を失った。
 外角低めへの直球とスライダーのコンビネーションが持ち味の佑ちゃんだが、この日は変化球を軸にフォークを多投。コースも執ように内角を突いた。新たな投球スタイル確立を課題に登板したようだが、結果は出なかった。
 20日のオープン戦初登板は報道陣シャットアウトで行われたため、報道陣にオープン戦登板が公開されたのはこの日が初めて。報道陣約50人が、背番号16に熱視線を送った。
 しかし試合後、応武監督は広報を通じて「早稲田の考える野球ができていない」とコメントしただけ。取材に応じなかったのは、元部員が西武から裏金を受け取っていた問題について「ほかの5大学の方々に直接説明ができていないので、(試合を)コメントできる立場にない」からだという。佑ちゃんもノーコメントだった。
 佑ちゃんと対戦した日体大・筒井監督は「抜いた球が多かった。いろいろ試しているんじゃないのかな」と話した。奮起した選手たちには「1年生投手に抑えられてたまるかという気持ちだったんでしょう」と目を細めた。
 大学の洗礼を浴びた佑ちゃん。開幕まであと半月。クレバーな王子がどう軌道修正してくるか、注目だ。

最終更新:3月28日10時43分

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 

10 : 43 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんシート打撃初登板は「10点」
2007 / 02 / 26 ( Mon )
シート打撃に初登板した早実・斎藤佑樹=東伏見・早大グラウンド


 早実・斎藤佑樹投手(18)が25日、練習参加中の早大グラウンドでシート打撃に初登板した。主力打者14人を相手に57球を投じ、被安打2本ながら4四死球を与える“らしくない”内容。投げ終えた佑ちゃんは「ストライクも入らず、出来は悪かった。自分の中では10点か20点」と、厳しい自己採点を下した。
 フリー打撃は直球のみだったが、この日から変化球を解禁。しかし、伝家の宝刀スライダーがなかなか決まらない。10度を切る寒さも手伝い、持ち味の制球はいまひとつで、「良かったのはほとんどない」と悔しさをにじませた。
 この日、沖縄キャンプ(3月2~16日)の35人のメンバーに、正式に選ばれた。「修正ポイントは全部。しっかり調整したい」と、南国に“宿題”を持っていく。

最終更新:2月26日11時6分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
11 : 16 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん効果!大学野球が大人気
2007 / 02 / 24 ( Sat )
 早大入学が内定している早実・斎藤佑樹投手(18)の人気にあやかり、出版5社が大学野球特集号を発売することが23日、分かった。
 これまで大学野球専門誌はベースボールマガジン社刊「大学野球」の1誌のみだったが、今春の佑ちゃん入学で大学野球に注目が集まることから、宝島社など4社が“新規参入”を決定。過去最高の5社が“出版合戦”を展開することになった。
 創刊以来初めて大学野球を扱う宝島社・別冊宝島では、斎藤特集や往年スター列伝などを予定しており「オールドファンから斎藤君ファンまで楽しめます」(松下編集長)と話した。
 この日は予定していた初シート打撃登板が雨で流れ、室内ブルペンで65球を投げた佑ちゃん。その人気が、出版界をも動かした。

最終更新:2月24日10時25分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
10 : 25 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん3・18オープン戦デビューへ
2007 / 02 / 21 ( Wed )
 早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が、3月18日の神奈川大戦(早大グラウンド)でオープン戦デビューすることが20日、有力になった。
 斎藤は3月2日に東京をたってキャンプ地の沖縄へ入り、キャンプの練習をこなした後、15日に帰京、16日には早実の卒業式に出席する予定だ。オープン戦の初戦は17日(山梨学院大戦)だが、応武監督は「17日に投げることはありません。沖縄でもかなりの球数を放ってくるので」と、佑ちゃんの登板を回避させる考えを示した。
 一方で期待の新戦力だけに、早く実戦での登板をチェックしたいはず。卒業式から1日置いた18日にマウンドに立つ可能性が高い。
 この日の佑ちゃんは、小雨の中、2度目のフリー打撃登板。主軸3人を相手に64球を投じ「甘いボールは打たれてしまった。より厳しいコースに投げないと」。23日からはシート打撃に登板する予定。開幕へ向け、着実にステップを上がっている。

最終更新:2月21日10時56分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 56 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん チョコの数はヒミツです
2007 / 02 / 15 ( Thu )
女性報道陣からチョコをもらう斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド


 早実・斎藤佑樹投手(18)が14日午後から早大の練習に参加。この日はバレンタインデーだったが、雨のためか、直接チョコを持参するファンの姿はなかった。
 高校、大学の野球部には、相当数が届いたと思われるが、早実サイドが「1人の高校生ですので、その件に関しましてはお答えしません」と“教育的配慮”。早実からの通達を受けた早大も「分かりません」と同調し、国民的アイドルがゲットしたチョコの数は謎に包まれたまま。
 佑ちゃん本人も「早実の女の子にはもらいませんでした。母からももらっていません」と控えめ?なコメント。しかし、「今までは多くて2、3個。多ければ多いほどうれしいんじゃないでしょうか」と、はにかみながら答えるなど、1人の男の子としての本音?も口にしていた。

最終更新:2月15日11時12分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
11 : 12 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん たった3日で驚異の回復
2007 / 02 / 14 ( Wed )
キャッチボールで汗を流す早実・斎藤佑=東京・西東京市の早大グラウンド


 インフルエンザでダウンし、10日から早大の練習を欠席していた早実・斎藤佑樹投手(18)が13日、東京・東伏見の早大グラウンドでの練習に復帰した。病み上がりにもかかわらず通常メニューをフルでこなし、ブルペンでは捕手を座らせ今年最多の58球を投じる全快モード。40度以上の高熱に苦しんだ10日からわずか3日で、驚異的な回復力を見せた。
 「休んでいた割には、球がいっているなと思いました」。元気な姿で戻ってきた佑ちゃんが声を弾ませた。
 練習前の応武監督との話し合いでは「無理はするな。立ち投げでもいいから」と助言されていたが、佑ちゃんはビシビシ投げ込んだ。さすがにラスト1球はなかなか決まらず9球粘って58球となったが、早実の入試手伝いで練習不参加だった9日も含め、5日ぶりの投球練習でもブランクを感じさせなかった。
 ただ、高熱と闘った2日間については「正直、死ぬかと思いました」と打ち明けたが、タフネスぶりを見せつけた。
 フリー打撃初登板は20日にずれ込む予定になっていたが、本人の回復が予想以上だっただけに、当初の予定どおり17日になる可能性も出てきた。初ダウンの影響による大きな軌道修正もなく、指揮官も「今も、キャンプメンバーにも入っていますから」と明言した。
 現在、下痢の症状は残っているようだが、そこはやっぱり王子様。「もう食欲もあります。ご飯も普段のものを食べています」と涼しく語った佑ちゃんだった。

最終更新:2月14日11時14分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
11 : 14 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん インフルエンザ発熱ダウン
2007 / 02 / 11 ( Sun )
 佑ちゃんダウン-。早大の練習に参加中だった早実・斎藤佑樹投手(18)が10日、高熱を訴えて練習を欠席した。熱は40度まで上がり、都内の病院で検査の結果、インフルエンザと診断された。11日も練習を休むことが決まったが、復帰は未定。17日に予定されていた初のフリー打撃登板も微妙となった。順調にペースを上げてきた佑ちゃんだったが、調整遅れは必至となった。
 タフネス佑ちゃんが、ついにダウンした。朝9時の集合時間になっても東京・東伏見の早大グラウンドに斎藤の姿はなかった。それどころか、夕方になって明らかになったのは、インフルエンザによるダウンだった。
 当初は発熱による欠席が発表されていた。午前7時過ぎに、本人から野球部の三浦マネジャーへ「39度の熱があるので休ませてください」と連絡が入り、応武監督も了承。だが、事態はその後、深刻化していた。
 病院に付き添ったマネジャーによると、検査の結果、インフルエンザと診断され、午後には熱が40度を超え、点滴を受けて自宅に戻ったという。「フラフラで、かなり弱っていた」状態だった。兄・聡仁さんと2人暮らしをする都内の家には群馬から父・寿孝さん、母・しづ子さんも駆けつけているという。
 思わぬアクシデントで、今後の調整遅れは必至となった。病状の報告を受けた指揮官の判断で、11日の練習も休養が決まった。12日は練習オフ。復帰は早ければ13日だが、他の選手への感染の心配もあり、合流には慎重にならざるを得ない。
 17日に予定していたフリー打撃登板も、流動的となった。「もし投げられないなら翌週にもう1回肩をつくってから投げさせる」と応武監督は話し、スケジュールを立て直す可能性も出てきた。
 1月13日に早大の練習に合流して、まもなく1カ月がたつ。慣れない環境のもと、注目される日々が続き、心身ともに疲労はピークに達していたのだろう。「彼も人の子。期待と不安の中で、ホッと息が抜けたのかな。先は長いですから、焦らせることもない」と応武監督。しばらくはゆっくり静養することが必要そうだ。

最終更新:2月11日10時58分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
10 : 58 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんがヤクルトキャンプ見学へ
2007 / 02 / 10 ( Sat )
 沖縄・浦添市でキャンプを行う早大野球部が、3月4日に沖縄入りする予定を前倒しし、同3日にヤクルトキャンプを見学することが9日、明らかになった。応武篤良監督(48)が計画したもので、このキャンプに帯同が確実な早実・斎藤佑樹投手(18)も、古田ヤクルトの練習を見て勉強することになる。
 佑ちゃんにとってもうれしい計らいだ。「プロの高いレベルを実際に見て勉強してほしい」と応武監督。すでにヤクルト側の承諾も得ており、同月3日にキャンプ最終日を迎える古田ヤクルトを見学する。
 かつて五輪の日本代表候補合宿の一環として、アマ選手がプロ野球キャンプに参加したこともあった。応武監督は「今はそういう機会がなくなったし、実際にプロを見ることは大変勉強になる。もっと高いところを目指してほしい」と狙いを説明。佑ちゃんにとってもプロを肌で感じる絶好の機会となる。
 ただし、人気者の佑ちゃんが現れることで、警備面の強化が必要となる。3月2日に大学側とヤクルト側が直接話し合い、警備員増員などの“佑ちゃん対応”を協議する予定だ。

最終更新:2月10日10時53分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 53 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ハンカチ王子怒れない…苦労尽きない応武監督
2007 / 02 / 10 ( Sat )
ハンカチ狂騒曲


斎藤くんはみんあなと同じに扱ってほしいんでしょうけどねー。
誰も怒らないでしょ。ヨン様とちがうんだし。
斎藤くんはこれから成長したいって言ってるのだし、
なにも監督がそんな風に思うことは・・・
なんでもニュースになっちゃうんだなって私なんかは笑っちゃいますけどね!


 国民的ヒーローを預かった苦労は尽きない!? 進学する早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手。6日の守備練習中には、早大・応武監督から“初カミナリ”を落とされたが、翌日の報道を見て一番驚いたのが応武監督自身。ノックの際に「斎藤っ!」と叫んだだけなのに、これが大々的に報じられた。

 「決してカミナリ親父にはなってませんよ。世の中のおばさんを敵に回したくないんで…」と応武監督は、ただただ苦笑い。

 応武監督は、「この間と同じでミスはある。ミスをしないように練習をするんだから」と話すが、この一件で、うかつには怒れなくなってしまった。この日も、走者一、三塁を想定した場面で、ミスがあったものの、一喝はなし。普通にやり直しを命じただけだった。

 監督の悩みはこれだけではない。

 当面の目標は春のリーグ戦。「まず見ることが大事。明治、法政のイメージをつかむには、聞くよりも、実際に見なければ」と、初対決となる斎藤には、ヨソのチームのオープン戦を視察させたいところ。しかし、「彼が観戦に行ったら、どうなることか…。(神宮の)ウオーミングアップの場所まで指定されているんだから」と混乱を心配する。変装させてでも視察に行かせるか、ビデオだけで済ませるか、応武監督は、いまだに思案中だ。

 怒るに怒れない…。視察にも行かせられない…。まさに八方塞がりの状況だが、当の斎藤は、「もちろんチームとしては、春のリーグ戦の優勝を意識しているので。自分もその一員になれるように、先輩に迷惑をかけないようにしたい」と優等生コメントに終始。このハンカチ狂騒曲、一体、いつまで続くのか。

最終更新:2月9日17時0分 夕刊フジ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
02 : 01 : 51 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
佑ちゃん 地獄のクレメンス級ノルマ
2007 / 02 / 09 ( Fri )
投内連係で汗を流す斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド
投内連係で汗を流す斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド



 早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)に、1日600回の腹筋トレが課せられる。早大・応武篤良監督(48)が8日、大リーグで活躍するロジャー・クレメンス(44)を例に出し「40歳を超えたクレメンスも(腹筋トレを)600回以上やっている。それくらいは必要」と話した。
 これも英才教育の一環だ。「プロでもメジャーでも体が資本。けがをしない体をつくることが大事」と、筋力トレーニングの必要性を説いた指揮官。お手本として、メジャーを代表する右腕クレメンスの名を挙げた。
 メジャー通算348勝を誇るクレメンスは、44歳になった昨季もアストロズで7勝を挙げている。応武監督は、書物などでクレメンスが1日600回の腹筋トレを欠かさず行っているという情報を得て、「あの年でも第一線で投げ続けている。投手に腹筋が大事ということを証明している」と心酔。佑ちゃんが、クレメンスのようなビッグで息の長い投手に育つようにと願い、腹筋トレを同じ回数に定めた。
 近く練習メニューに腹筋トレ600回が加わる見込み。沖縄キャンプの球数ノルマに続き、ハードなメニューに挑む。

最終更新:2月9日11時22分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
11 : 22 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤「ハンカチ講師」に変身!?東伏見商栄会がイベント開催へ
2007 / 02 / 09 ( Fri )
高校の文化祭にすら参加できなかった斎藤くん、
地域のイベントに協力したい気持ちはあってもなかなか難しいかも?!

これからは斎藤くんを呼び込んで広告塔にしよう!なんていう人だって
出てくるかもしれないし、コマーシャルとかお金が発生する仕事もこなすことになるかも。
うーん。。なんだかやきもきしちゃうなぁ・・

でも、なにより本人が自覚して謙虚に過ごしていることが
ますます好感を呼ぶのでしょうねーー。



 西東京市の早大グラウンドで練習している早実・斎藤佑樹投手(18)に、地元商店会などがイベント参加を要請する意向であることが8日、分かった。斎藤自身も「地元の人に愛されたい」と地域密着を宣言。野球教室などで「ハンカチ講師」が実現するかもしれない。

 東伏見での練習が1カ月近くが過ぎた斎藤に、地元から熱い視線が注がれる。東伏見駅周辺99店舗で構成される「東伏見商栄会」ではこのほど、特別委員会を設置。“王子プロジェクト”の具体的な検討に入った。

 すでに毎年7月末、駅前のアイスアリーナ前広場で行われる盆踊り大会には早大や西武鉄道のアイスホッケー部員が協力。運動部とのつながりも深い。岡田勇会長(61)は「大学や野球部とも話し合って詰めていきたい」と、地元限定グッズや新イベントなどのアイデアを模索している。

 3年前から夏と秋に、早大グラウンドで野球教室も開かれている。西東京市教育委員会と早大が共催し、市内の中学生の硬式野球チームの選手を早大の部員全員が指導するのだが、今年の目玉はやはりハンカチ王子。斎藤本人も「地域の方々とコミュニケーションをとって、地元の人に好かれるような選手になりたい」と、協力は惜しまないつもりだ。

最終更新:2月9日8時2分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
08 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんマッチョ王子になる
2007 / 02 / 09 ( Fri )
応武監督にあいさつし、グラウンドを後にした斎藤(右)
応武監督にあいさつし、グラウンドを後にした斎藤(右)



斎藤くん、朝の7時半から練習・・努力家ですね。本当に。
それにしても、確かに情報は筒抜け。
私がこうして書いていることも、筒抜けのひとつになっちゃっていますが。
でも、斎藤くんをこうして見られる日常のなんて幸せなこと!


 早大の応武篤良監督(48)が8日、練習に参加している早実・斎藤佑樹投手(18)の肉体と頭を鍛え上げることを宣言した。

 応武監督は、投手の筋トレについて「あまりやらない方がいいと言う人もいるけど、必要だと思う。パワーをつけるわけじゃなく、けがをしない体づくりのためにね」との持論を展開。さらに、毎日600回の腹筋を欠かさずやっているというメジャー通算348勝右腕R・クレメンス(44)=前アストロズ=の例を挙げ「斎藤は601回以上やらないとね」とノルマを課した。

 「脳トレ」も課す。佑ちゃんの練習状況は、連日のマスコミ報道で“筒抜け状態”。東大がすでに、知力をフル稼働させて対策を講じ始めるなど、各校が「佑ちゃん包囲網」を敷くのは必至だ。そこで、応武監督は「まず、見ることが必要。明治、法政と言われても(チームカラーの)紫、オレンジのイメージしかないでしょうから」と昨秋のリーグ戦のビデオを見せるなどして、各校の特徴を頭にたたき込ませる。

 この日、斎藤は、午後から早実の授業に出席するため、全体練習開始の1時間半前となる午前7時半から個別練習を行った。早実の1年先輩となる武石周人捕手(1年)を座らせ、52球のピッチングを終えると、午前11時過ぎには「お先に失礼します!」と大声であいさつ、足早にグラウンドを後にした。

(2007年2月9日06時01分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
06 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早実・斎藤 キャンプは投げ込み地獄
2007 / 02 / 08 ( Thu )
午後の練習に参加した斎藤はランニング中にも先輩に大きな声であいさつ
午後の練習に参加した斎藤はランニング中にも先輩に大きな声であいさつ



 早大に進学予定の早実・斎藤佑樹投手(18)が3月4日からの沖縄・浦添キャンプで徹底した投げ込みを課せられることになった。応武監督は「5日で1000球、調子が良ければ1日300球以上になるかも。投げ過ぎと言われるかもしれないが、宮本も大谷も越智も和田もそうやって成長してきた」とOBの名前を挙げながら明言した。

 斎藤はハイペース調整による故障を防ぐため、この日もブルペン投球は立ち投げ27球、捕手を座らせて42球の合計69球。月末までは「100球以内」の球数制限を受けている。しかし暖かい沖縄では一気に調整ペースを上げることになる。「多少、肩ができやすくなってきた」と自身の状態に手応えをつかんでおり球数制限の撤廃を歓迎している様子だ。

 さらに応武監督はオープン戦での斎藤の初登板を事前に告知する方針で、直前のキャンプは“デビュー”前の最終調整の場となる。「キャンプは昼夜問わず野球漬けになる」と指揮官。王子にとっては地獄のキャンプとなりそうだ。
[ 2007年02月08日 ]
15 : 28 : 49 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本ハム・ダース「ハンカチ世代」大歓迎
2007 / 02 / 08 ( Thu )
なるほどなぁー。
「佑ちゃん世代」とかだったら許せなかったのね・・
でも「ダース世代」だったら許してたのでは・・!? なーんて。


 日本ハム高校生ドラフト4巡目のダース・ローマシュ匡投手(18=関西)が7日、「ハンカチ世代」という名称を大歓迎した。甲子園のアイドルの1人だったが、早実・斎藤佑樹投手(18)に注目度では完敗。ライバル意識は十分だが「自分たちは『物』で呼ばれているのでいいんです!」とうれしそう。「松坂世代」など数ある「○○世代」で、個人名ではなく「ハンカチ」であることがお気に入りの理由だった。

最終更新:2月8日9時29分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
09 : 29 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤の“大学デビュー”は予告あり!Xデーは3・17OP開幕戦?
2007 / 02 / 08 ( Thu )
その日は整理券配られるんだろうなぁーー・・
 早大に入学予定の早実・斎藤佑樹投手(18)が7日、西東京市の早大グラウンドで行われている練習に参加。順調な調整を続ける『ハンカチ王子』について、早大・応武篤良監督(48)はオープン戦初登板に限り、予告すると明言した。早ければ3月17日、オープン戦初戦の山梨学院大戦(東伏見)で雄姿が見られる!!

 大胆なプランが用意されていた。斎藤の予告登板。“オープン戦の初登板”という条件付きながら、応武監督がハッキリと口にした。

 「最初に投げるときは(報道陣に)いいますよ。今の状況で調整が進めば二軍戦の登板はないし…。早く試合がしたいですね」

 応武監督の構想では、東京六大学春季リーグ戦の投手のベンチ入りは6人。斎藤も候補の一人だ。同監督は「オープン戦では均等にチャンスを与える」と明言。早ければ3月17日のオープン戦初戦、関甲新学生リーグの山梨学院大戦(東伏見)でマウンドに立つ可能性がある。

 斎藤はこの日、3日ぶりにブルペン入り。初めて正捕手候補の細山田武史捕手(2年)相手に投球練習。立ち投げ27球、捕手を座らせて42球を投げた。「体が軽かったので、それを修正しようと意識して投げました。肩はできてきましたね」。

 現在は100球を限度に投げ込みを行っているが、沖縄・浦添キャンプ(3月4日-16日)では、5日間で1000球の“投げ込み週間”を作る。

 「一日で300球を超える日があるかもしれない。和田(ソフトバンク)や宮本(日本ハム)もそうやって成長してきた」。4年後のプロ入りを目指す斎藤へ、応武監督からのアドバイスだ。

 「まずは開幕ベンチ入りが目標」という斎藤にとって、最初の関門はオープン戦。「オープン戦でよければベンチ入りが決まって、4月のリーグ戦に合わせることになる。上級生もいるし、結果を残してもらわないといけない」と応武監督。斎藤が自他ともに認める成績を残したとき、晴れて神宮のマウンドに上がる。

最終更新:2月8日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽天・田中“ハンソデ王子”になる!
2007 / 02 / 08 ( Thu )
地元漁師が釣り上げた12キロのセーイカ(ソデイカ)を手に「デカイ!」とビックリの永井(左)と田中
地元漁師が釣り上げた12キロのセーイカ(ソデイカ)を手に「デカイ!」とビックリの永井(左)と田中



 マーくんがハン○○王子?楽天の高校生ドラフト1巡目・田中(駒大苫小牧)が、早実・斎藤ならぬ“王子”になる。

 「暑ければ半袖を着る。松坂さん(レッドソックス)もそうだし、斉藤和さん(ソフトバンク)もそう。斎藤佑樹はずっと長袖でしたけどね」

 こだわりはアンダーシャツだ。キャンプでは気温が20度に達した5日から2日連続で半袖姿でブルペン入り。腕の筋肉などの動きに球種の癖が出ることから球界では夏場も長袖派の投手が多いが「自分は大丈夫」と言い切った。杉山投手コーチも「隠さない」とオープン戦ではパ・リーグ相手にも登板させる意向だ。

 キャンプ2度目の休日、宿舎近くの浜辺で約13キロの“ソデイカ”を捕獲した“ハンソデ王子”。9日は、日焼けした腕をさらしてフリー打撃に初登板する。

最終更新:2月8日6時6分 スポーツニッポン

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
06 : 06 : 00 | 楽天 田中くん | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん沖縄キャンプ5日で1000球ノルマ
2007 / 02 / 08 ( Thu )
ウオーミングアップでジャンプする斎藤(左)
ウオーミングアップでジャンプする斎藤(左)



わーびっくりした。
全部斎藤くんかと思った!


 佑ちゃんに超過酷キャンプが課された。早大の応武篤良監督(48)が7日、沖縄・浦添キャンプ(3月4日~16日)の無休を宣言するとともに、帯同が確実となっている早実・斎藤佑樹投手(18)に対し、5日間で1000球の投げ込みなど厳しいノルマを課した。

 地獄の浦添キャンプだ。応武監督は「昼夜問わず野球漬けで行きます。休みなしのぶっ通しです」と明言。「走り込みもメニューに入れるので、体力的に相当へばると思う。(東京で)休みなしのまま向こうへ行くので、弱った形で帰ってくる予定」という超ハードスケジュールだ。

 佑ちゃんは現在、上限100球の制限付きで投球練習を行っているが、キャンプでは「5日間で1000球」と1日平均200球というハードな投げ込み期間を設定。「宮本(日本ハム)も大谷(トヨタ自動車)も越智(巨人)も和田(ソフトバンク)も、そうやってぶっ壊れない体を作って成長してきた」とワセダの歴代エースの名を挙げて“王道継承”を説いた。

 佑ちゃんはこの日、3日ぶりにブルペン入りし、捕手を立たせて27球、座らせて42球の計69球を投げ込んだ。初めて受けてもらった正捕手候補・細山田武史(2年)を相手に、スライダーをワンバウンドさせてしまう場面もあったが「ショートバウンドは自分のベストボールですから」と平然と話していた。

(2007年2月8日06時04分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
06 : 04 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早実・斎藤、調整に手応え=早大野球部の練習で
2007 / 02 / 07 ( Wed )
沖縄行きたい!

 早大への進学が内定している東京・早稲田実高の斎藤佑樹投手は、7日も早大野球部の練習に参加し、ブルペンでの本格投球などを行った。
 2年の細山田捕手と初めて組み、「少し緊張した」という。それでも、特に気後れした様子はなく、「肩は出来上がってきた。とんでもないボール球以外は、(先輩にも)気にせず投げていきたい」と手応えを感じた様子だ。
 暖冬ということもあり、「(練習は)予定通り進んでいる」と応武監督。1軍メンバーを決める沖縄キャンプへの参加も決定的で、「沖縄では5日間で1000球程度を投げさせる。走り込みも入れるので相当つらいはず。昼夜問わず野球漬けにし、壊れない体をつくります」と、斎藤の育成計画を明かした。 

最終更新:2月7日19時31分 時事通信

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
19 : 31 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤に初カミナリ!でも、きっちり修正
2007 / 02 / 07 ( Wed )
応武監督(左)に指導を受ける斎藤
応武監督(左)に指導を受ける斎藤



 早大野球部に練習参加している早実・斎藤佑樹投手(18)が6日、初の投内連係を行った。本塁へのグラブトスを注意される場面もあったが、修正能力の高さを見せつけた。

 「斎藤!もう1回!」。応武監督の声がグラウンドに響き、ネット裏が一瞬静まり返った。上級生にまじっての投内連係。「久しぶりで緊張した」と斎藤。やり直しを命じられたのは、緩いゴロを捕手にグラブトスしたプレーの直後だった。「グラブの真ん中にボールを入れて押し出すのを、先っぽに入れていたから」と応武監督。だが、監督の“初カミナリ”に斎藤は動じない。2度目は見事に修正し、応武監督も「斎藤だって人間だからミスをする。でもしっかり直したね」と評価した。投内連係は7日以降も行われる予定。王子は投げるだけではない。9人目の野手としてフィールディング能力も磨いていく。
[ 2007年02月07日 ]
15 : 26 : 12 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんに初カミナリ!早大・応武監督
2007 / 02 / 07 ( Wed )
斎藤佑樹(中央)は早大応武監督(左)のノックでグラブトスする
斎藤佑樹(中央)は早大応武監督(左)のノックでグラブトスする



 佑ちゃんに、初カミナリが落ちた。早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が6日、初めて早大グラウンドのマウンドに立ち、投内連係プレーの練習に参加。今年初めて直接ノックした指揮官、応武篤良監督(48)から、熱い指導を受けた。
 午前10時から約15分間、投手陣もポジションにつくチーム形式のノックが行われた。その終盤、投ゴロをグラブトスで捕手に送球する際に、応武監督の声がグラウンドに響いた。「斎藤!」。帽子を取り、直立不動でアドバイスを聞き入った斎藤が再びマウンドにダッシュして、再チャレンジ。グラブの先に引っ掛けるようにするトスを「グラブの真ん中からボールを押し出すようにしないとキャッチャーが捕りにくい」と指導された。
 先週までに早大の試験期間が終わり、この日から1日練習が開始になった。より実戦に近いメニューになり、2季連続Vを目指す春のリーグ戦に向け、本当の勝負の始まりともいえる。応武監督は「最初だし緊張したんでしょう。練習は失敗するところ。人間だからミスはある」と話す。愛情込めた指導は、お客さん的存在だった高校生の斎藤が、チームの一員になった証しでもあった。
 斎藤は、高校時代について「最上級生になってからはあまり怒られていないけど、下級生の時はよく怒られてました」と気を引き締める。応武監督は「ミスした時にマウンドでハンカチを使うぐらいの余裕が欲しいね」とニヤリ。ほかの部員同様、熱い指導で未来のエースを育てていく。【前田祐輔】

最終更新:2月7日10時2分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤に初カミナリ落ちた!応武監督が“優等生”に愛のムチ
2007 / 02 / 07 ( Wed )
初めて怒られてもニュースに・・・すごいなぁ・・

 王子にカミナリが落ちた。早実・斎藤佑樹投手(18)は6日、西東京市で行われている早大の練習に参加。今年初となる投内連係練習で、応武篤良監督(48)からグラブの使い方について厳しく注意された。甲子園では優等生の『ハンカチ王子』も、大学では新入生。今後も監督の愛のムチが飛びそうだ。

 おだやかな陽気となった東伏見の早大グラウンドに、怒号が響いた。投内連係練習で、初めて早大のマウンドに立った斎藤。大学初の“カミナリ”は、スクイズを想定した投前ゴロの送球練習で、最後の1球となるはずのゴロを捕手へグラブトスした、まさにその時に落ちた。

 「斎藤っ! もう1回だ!!」。一瞬、その場が静まり返る。大声の主はもちろん応武監督。斎藤は帽子を取って直立不動だ。「ドキッとした? まぁ、ハイ…。(投内連係は)最初は緊張しました」。それまでバント処理やベースカバーなどを無難にこなしていた斎藤も、さすがに恐れをなした。

 すぐさま、応武監督から怒った理由が説明された。「グラブの真ん中でボールをとって、押し出すようにしないと。捕手がとりづらいんだよ」。グラブの網の部分を使ってヒョイとボールを送球した斎藤のプレーは、軽すぎるというわけだ。日本代表の捕手としてソウル五輪にも出場した応武監督は、基本の徹底を強調した。

 当然、これは即戦力となる斎藤への期待の表れでもある。「練習はミスするところ。初めて野手と合わせましたから。そりゃ緊張しますよ」。応武監督は斎藤の立場は理解している。ただし、容赦するわけではない。「これまでは(早実の)授業優先でしたけど、これからは(甘えは)許しません」。いよいよ早大の一員として、厳しい目を向けていくのだ。

 優等生のイメージがある斎藤だが、早実では「下級生のころは結構怒られていました」という。久しぶりの怒声に気を引き締め直したこの日は、ブルペン入りせずに遠投。「最近は(ブルペンで)多めに投げていたので、フォーム(修正)を意識しながらやった」と調整を続けた。

 これからは全員参加の終日練習が行われ、春のリーグ戦に向け、生き残りをかけた勝負となる。「ミスしても、ハンカチを使うぐらいの余裕がないと」という応武監督の期待に応えたとき『ハンカチ王子』が、神宮のマウンドに立つ。

最終更新:2月7日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤~っ!佑ちゃんに初カミナリ!…スクイズ処理失敗で応武監督が一喝
2007 / 02 / 07 ( Wed )
練習中に目をユニホームでふく斎藤
練習中に目をユニホームでふく斎藤



この記事にこの写真(笑

 早大の練習に参加している早実・斎藤佑樹投手(18)が6日、東京・東伏見の早大グラウンドで、応武篤良監督(48)から“初カミナリ”を落とされた。

 早大のテスト期間が終わり、この日から全体練習がスタート。100人を超す部員の中から、3月4日からの沖縄・浦添キャンプ帯同メンバー35人を決めるサバイバル競争が本格化すると同時に、佑ちゃんの“お客さん扱い”も終了。さっそく、応武監督から怒声を浴びせられた。

 斎藤ら投手陣は、野手とは別メニューで守備練習を行ってきたが、この日から投内連係が練習メニューに加わった。エース候補・須田幸太(2年)、大物ルーキー・福井優也(済美卒)らとともに、佑ちゃんも浦添行き候補と見られる投手12人に選ばれた。だが、最後のスクイズ処理で本塁へのグラブトスを浮かせてしまい、自らノックしていた指揮官に「斎藤っ!」と一喝された。

 応武監督は「グラブトスのやり方が違っていたので教えただけ」と単なる指導であったことを強調した。だが、帽子を取って直立不動になった斎藤は、練習後に「ドキッとした? まあ、はい…」とポツリ。これまで優しく見守ってくれていた指揮官が、初めて見せた厳しい一面を思い出し、恥ずかしげな表情を浮かべた。

 それでも、いきなりの洗礼は“ワセダの一員”として認められた証拠ともいえる。佑ちゃんも「(早実の)和泉監督からも、下級生のころは結構怒られていましたから」とすぐに気持ちを切り替えていた。

(2007年2月7日06時02分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
06 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
早実・和泉監督、佑ちゃんいい子になるな
2007 / 02 / 06 ( Tue )
すごく分かります。
周囲に惑わされないかを気にする周りの意見も、言いたいOBの気持ちも。
言いたがる人はきっと多いんだろうなぁ・・と私も思うのですが、
斎藤くんはその辺、器用に取り入れていきそうな。
というか、そうであってほしいですね。

和泉監督って、本当にお父さんみたいでいいなあ。
信頼関係がバッチリできているのですね。



 早実・和泉実監督(45)が5日、早大の練習に参加している斎藤佑樹投手(18)に“いい子になるな指令”を出した。

 和泉監督はこの日、早実野球部を代表して都内で行われた「ホワイトベア・スポーツ賞」(デイリースポーツ新聞社制定)の表彰式に出席。その後、まな弟子に対して、(周囲からの)助言を何でも聞くのではなく、聞く耳を持った上で自らに合うものだけを取り入れるべき-とのアドバイスを送った。

 早大・応武篤良監督(48)は佑ちゃんに対して、投球フォームなどをいじらない放任指導の方針を示しているが、オープン戦での登板などが実現すると、OBや野球評論家など多方面からアドバイスが寄せられ、佑ちゃんが混乱してしまうのでは、と危惧(きぐ)されている。

 「アドバイスを受け入れるかどうかは本人次第。斎藤にはその裁量があると思う」和泉監督は、あくまで斎藤を信じていた。

最終更新:2月6日8時2分 スポーツ報知

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
08 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
佑ちゃんメモ王子
2007 / 02 / 05 ( Mon )
ハンカチならぬメモ帳をポケットに押しこみ、ブルペンに向かう斎藤
ハンカチならぬメモ帳をポケットに押しこみ、ブルペンに向かう斎藤



 早大の練習に参加している早実・斎藤佑樹投手(18)が4日、東京・東伏見の早大グラウンドで3日連続でのブルペン入り。この日から、投球時の反省点などを逐一書き留める「メモ用ノート」の使用を始めた。

 ハンカチ王子からメモ王子へ―。この日は、捕手を立たせて40球、座らせて51球と早大での練習としては最多となる計91球を投げ込んだ。また、初めてセットポジションから7球を投じた。投球練習を終えた後、ノートにペンを走らせ、練習着のズボンのポケットにしまい込んだ。斎藤は「(メモは)3、4行です。(監督に)今日からやるように言われました。今まで忘れていたことを思い出せるようになる」と効果を説明。文章にすることで、弱点を減らすことにつながる。

 気になるこの日のメモには、『体が開いてしまうクセがあるので、クセが出ないように』と記した。セットポジションを試したのも、「体が開くのを防ぐため」だ。

 ポケットの中身はハンカチからノートに変わった。これが大学版のニュー佑ちゃんだ。

(2007年2月5日09時50分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
09 : 50 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
佑ちゃん今年最多91球!直後にメモ…『斎藤ノート』作成
2007 / 02 / 05 ( Mon )
〔写真:ロードワークから帰る斎藤(右)。巡回中のおまわりさんに見守られる形となった〕
〔写真:ロードワークから帰る斎藤(右)。巡回中のおまわりさんに見守られる形となった〕



警官の姿に、SPが付くようになったのかと思いましたーー!
『斎藤ノート』。
私もなんとなく斎藤くんのことを日々追っているので、
ある意味私も『斎藤ノート』をつけているような気になっております。

それにしても、決して浮ついた様子を見せない斎藤くんに
本当にほのぼのしてしまう私です。。



 早大に入学予定の早実・斎藤佑樹投手(18)は4日、西東京市の早大グラウンドで行われている練習に参加。ブルペンで今年最多の計91球を投げ、直後に投球内容をB5サイズの大学ノートに記した。長い野球人生にいかすため、この日から始めた『斎藤ノート』を書きためる。

 ボールをペンに持ちかえた。寒風吹きすさぶ東伏見のブルペン。斎藤は投球練習を終えたあと、B5サイズの大学ノートに反省点を書き記した。

 「『体が開くクセがあるので、それが出ないようにすること』と書きました。ノートに3、4行ぐらいです」

 投手陣全員がこの日から始めた。昨年までは選手の自主性に任せていたが、応武監督は「自分自身のために、感想や気づいたことを書かせます」と説明。「高校時代は特にやっていなかった」という斎藤だが「忘れていたことが思いだせるようになるまで、毎日意識して書いていきたい」と実に意欲的だ。

 ブルペンでは立ち投げ40球、捕手を座らせて51球。計91球の投げ込みは今年最多。投球時に見られる体の開きを防ぐため、セットポジションから7球を投げるなど、試行錯誤を繰り返した。

 この日から約30分間のロードワークも加わった。これまでグラウンド外での練習は皆無だったため「いいトレーニングになりました」と気分転換ができた様子。

 ノートといえば、楽天・野村監督が評論家時代から書き留めていった『ノムラの考え』が有名で、それがヤクルトや阪神の選手に受け継がれていった。果たして『斎藤ノート』はこの先、何冊まで増えるのか。

 「財産にできればいいですね」

 4年後のプロ入りだけでなく、斎藤の長い野球人生にとって、きっと貴重な記録となるはずだ。

最終更新:2月5日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハンカチ王子に“9人の女房”
2007 / 02 / 04 ( Sun )
ブルペンで応武監督(左)から指導を受ける早実・斎藤
ブルペンで応武監督(左)から指導を受ける早実・斎藤



 ハンカチ王子に9人の“女房”ができる。早大教育学部に進学予定の早実・斎藤佑樹投手(18)について早大・応武監督が3日、早実時代からの相棒・白川だけでなく、今後は野球部の捕手全員を相手に投球させることを決めた。現在、野球部には白川を含めて9人の捕手が在籍している。4月14日開幕の今春リーグ戦に向けて、それぞれの“女房”が独自の視点で王子の潜在能力を引き出す構えだ。

 “旦那(だんな)”の良さは“女房”にしか分からない。ならば一度、組ませてみればいい。五輪をはじめ、数々の大舞台を経験してきた捕手出身の応武監督ならではの発想だった。

 「自分は捕手出身なので捕手の意見というものを大事にしている。来週からは、いろいろな捕手をローテーションで受けさせて、意見を取り入れていきたい」

 早大野球部の練習に参加中の斎藤は、1月26日に初のブルペン入り。これまで投球練習の大半は早実時代からの女房役・白川と組んできた。しかし、名コンビも4日で一時解消。本格投球が始まる来週からは、昨季からの正捕手・細山田ら先輩捕手を相手に投球を行うことになった。最上級生となる川本が「プロに行った先輩たちと比較しながら、みんなで意見を出し合っていきたい」と話すなど、捕手全員で斎藤の魅力を存分に引き出す構えだ。

 違うタイプの捕手に受けてもらうことは、斎藤にとっても大きなプラスとなる。2日に続いてブルペンで捕手を座らせ37球を投げた右腕は「意識しているのは外角の直球を、いかにミットに吸い込まれるように投げられるか。そこを見ていただきたいし、新しい自分の力を引き出してもらえれば」と“新パートナー”とのコンビに意欲満々だ。

 今春リーグ戦からフル回転が予想される斎藤だけに、他大学から徹底マークされることは間違いない。開幕前のオープン戦で偵察部隊に丸裸にされる恐れもある。9人総がかりで斎藤をつぶさに観察すれば、他の捕手が気づかない癖を未然に修正することも可能となる。「相手からマークされるから、癖などあれば直していこうという話はしました」と応武監督。さらに9人中、細山田しかリーグ戦出場経験のない早大捕手陣にとって、昨夏全国制覇腕の球を受けることは大きなメリットにもなる。

 誰が斎藤の良さを引き出し、欠点を指摘するのか。“9人の女房”が王子をさらに上のステージへと引き上げる。

 ≪中継ぎ&抑えも≫斎藤は3月のオープン戦では中継ぎ、抑えの適性も試されることになる。応武監督は「彼は“連投くん”だからね。そういうケースで投げさせることもあるかも」と話した。昨夏甲子園の連投で強じんな体力、精神力は証明済み。斎藤は「今までは先発完投でしたけど、これからは自分のやり方を探していきたい」と未知の役割にもチャレンジする。
[ 2007年02月04日 ]
15 : 23 : 27 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
捕手9人…佑ちゃん“一夫多妻制”
2007 / 02 / 04 ( Sun )
チームメートとじゃれあう早実・斎藤佑(右)(撮影・西岡 正)
チームメートとじゃれあう早実・斎藤佑(右)(撮影・西岡 正)



10人目の恋女房に名乗りをあげたい私です。
ほんと、「捕手やっとけばよかったなー」と今ほど後悔したことはありません。
というか、「捕手」をやっていたところで・・というツッコミも
甘んじて受ける覚悟で・・・



 佑ちゃんは“一夫多妻制”!?早大・応武篤良監督(48)は3日、練習参加している早実・斎藤佑樹投手(18)の今後のブルペン投球について、現在9人いる捕手がローテーションで相手を務めるプランを明かした。9人9色の眼力で佑ちゃんの状態を掌握し、エース育成に役立てる。
 「いろんな捕手の意見を聞きながらやりたい」。現役時代、捕手だった応武監督ならではのプランだ。斎藤の投球は、昨夏の甲子園でバッテリーを組んだ白川が主に受けてきたが「これからはローテーションで受けてもらう」と監督。マスク越しに見える世界のとらえ方は、それぞれに異なる。9人の“妻たち”が感じ取った斎藤を、今後はエース養成に生かしていく方針だ。
 斎藤自身も乗り気だ。「新しい自分を見つけだしてほしい」と、未知の自分を引き出してもらえることを心待ちにする。
 この日もブルペンで捕手を座らせ37球を投げた斎藤は、今後の目標について「三振は狙っていきたい。六大学の記録も超えたい」と、ソフトバンク・和田(早大)の持つリーグ記録・通算476奪三振の塗り替えを掲げた。大きな夢を背負う佑ちゃんを、“9人の恋女房”が支える。

最終更新:2月4日10時43分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 43 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん6大学の「ドクターK」狙う
2007 / 02 / 04 ( Sun )
ドクターKって市民権得てるの?
救世主って意味かな。ドクターK・・


 佑ちゃんが、東京6大学のドクターKになる。早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が3日、ソフトバンク和田毅投手(25)が持つ通算奪三振記録476個超えを目指すことを誓った。この日は東京・西東京市東伏見の同大グラウンドで練習を行い、2日連続で捕手を座らせて、37球の本格投球を行った。新球の縦カーブも多投し、投球の幅を広げることで三振の山を築く考えだ。
 斎藤が三振に対するこだわりを見せた。打球が前に飛ばなければ、当然無用な失策や失点はない。「狙えるところで狙って損はないんで」とはっきりと口にした。現在東京6大学の奪三振記録保持者はソフトバンク和田で、2位は怪物江川氏と続く。記録に対しての認識はあると話し「6大学にもたくさんの記録があるけど、少しでも多く超えることができればいいと思います」と、狙うは東京6大学版ドクターKだ。
 昨夏の甲子園では延長再試合を含めた7試合で計78三振を奪った。最多は決勝駒大苫小牧戦の16三振(延長15回)で、9回に限っては13三振を奪った試合が2試合ある。センバツの4試合26三振と比較すると、1試合平均は6・5個から11・1個に増えた。三振数の増加が、夏の飛躍につながったともいえる。

 この日は2日連続でブルペン入り。立ち投げ40球の後に、捕手を座らせて37球を投げ込んだ。立ち投げでは新球の縦カーブを11球連続で投げるなど、応武篤良監督(48)とも入念な確認作業をした。現在は「真っすぐをより速く見せるためにも、カーブを磨きたい」と投球の幅を広げることを課題とし「三振を狙うだけのピッチャーにはなりたくない」と、持ち前のクレバーさで打者を打ち取る考えも忘れていない。
 応武監督の評価も日に日に上がっている。「投げるたびに良くなっている。さすが連投で鍛えてきただけのことはある」と話す。今は早実・白川英聖捕手(18)とコンビを組むが、週明け以降は昨秋の正捕手、細山田武史(2年)ら他の8捕手とも組ませる方針だ。課題や相性を見極めることで、さらなる向上を狙う。斎藤は「アウトコースの真っすぐを、ミットに吸い込ませるように投げること」を理想と話す。持ち味のコントロールにも磨きをかけ、ドクターKへの道を歩んでいく。【前田祐輔】

最終更新:2月4日9時55分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
09 : 55 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目標はダルビッシュ!ヤクルト・増渕、大器の片鱗見せた
2007 / 02 / 04 ( Sun )
 ヤクルトの高校生ドラフト1巡目ルーキー・増渕竜義投手(18)=鷲宮=が3日、沖縄・浦添キャンプで捕手を座らせ35球。理想の投手像が日本ハム・ダルビッシュ有投手(20)であることを明かした。

 低めの速球がうなりをあげてミットを襲う。注目のルーキー増渕が自慢の豪速球で『新・豪球王子』襲名をアピールだ。

 「ダルビッシュさんの足の上げ方とか腕の振りを意識しています。甲子園で投げているのを見て『これだ!!』と思いました」

 同じ高卒の長身右腕として、2つ年上となる日本ハム・ダルビッシュのしなやかなフォームが理想。いつもビデオで見てお手本にしている。増渕はこの先輩のように、プロ1年目から活躍することはもちろん「グラウンドの外でもカッコイイ」と、その雰囲気までまねるつもりだ。投球後には「まだまだ7割ぐらいの力ですよ」と話し、早くも大物の“オーラ”を予感させている。

 ブルペンで増渕が剛球を披露する隣で、石川の投球を受けていた古田監督も「高津の若いころよりも明らかにいい。球の勢いと質を見て分かります」と、メジャー移籍を経て戻ってきた守護神と比較して高評価。「プロとしての技術、体力をつけて(レベルを)上げていけば、一軍でバリバリやってくれるでしょう」と改めてV奪回の即戦力として絶賛した。

 「(楽天の)田中君は気になりません。でも、やっぱり甲子園組には負けたくないですね」。ライバルの存在も意識している。昨夏の埼玉大会決勝で敗れ甲子園の土を踏めなかった増渕は、早実・斎藤と駒大苫小牧・田中(現楽天)との死闘をテレビで見ているしかなかった。そしていま、斎藤より先にプロ入りし、田中と同じ土俵で戦っている。

 いよいよ雑草魂を見せつけるとき。超新星が本領を発揮するときがやってきた。

最終更新:2月4日8時2分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
08 : 02 : 00 | 06甲子園メンバー★プロ野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。