スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
意外?ハンカチ王子と駒苫田中…どちらがメジャー向き?甲子園のライバル、少~しリード
2006 / 08 / 31 ( Thu )
野球殿堂の博物館を訪れる早実・斎藤と駒大苫小牧・田中=米ニューヨーク州クーパーズタウンの米野球殿堂博物館(撮影・春名中)
野球殿堂の博物館を訪れる早実・斎藤と駒大苫小牧・田中
=米ニューヨーク州クーパーズタウンの米野球殿堂博物館(撮影・春名中)



 【クーパーズタウン=久保木善浩】米遠征中の全日本高校選抜チームの斎藤佑樹投手(早実)と田中将大投手(駒苫)。あす31日から日米親善試合に出場する2人の投手は果たしてどちらがメジャー向きか?
 チームは30日、午前10時20分からニューヨーク近郊の球場で渡米後初の練習を行った。斎藤はブルペンで約40球、田中は約50球を投げ込んだ。一行は練習後、バスで約4時間かけて、試合会場があるクーパーズタウンへと向かった。
 ところで昨29日、ヤンキースタジアムで球児たちを前に挨拶した松井秀喜選手を見た選抜チーム同行の関係者は「さすが松井選手。堂々としている」と感心しきりで、さらにこう続けた。
 「テレビで見るメジャーリーガーたちは皆、堂々と話す。松井選手は高校のときからハキハキしていた。田中君はいつも堂々とした態度だから、こちらに来ても負けないだろう。斎藤君はもう少し大きな声で話した方がいいね。もっともクールな雰囲気が彼の持ち味だけど」
 メジャーリーガーは注目度も高く、取材も多い。松井は毎試合後に欠かさず会見を開いてきた。またイチローもWBCではリーダーとしての地位を築いた。
 では斎藤と田中はどうか。「松井と対戦してみたいか?」の問いに、田中が「その時には自分の持っている力を出せればいい」と答えたのに対し、斎藤は「そんなには…」。投球スタイルと同じく、田中の方に粗削りな迫力がある。
 とはいえ、斎藤は「ここ(ヤンキースタジアム)で投げてみたい、とは思いました」というなど、メジャーへの夢はある。「人間として偉大な人」と尊敬してきた松井の姿勢を参考にすれば、メジャーへの道もさらに1歩前進するはずだ。
スポンサーサイト
18 : 34 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斉藤「自分もココに」米野球殿堂博物館見学
2006 / 08 / 31 ( Thu )
米野球殿堂博物館を見学した斎藤投手ら選抜チーム。WBCでMVPを獲得した西武・松坂のユニホームに思わず熱視線=30日、米ニューヨーク・クーパーズタウン(代表撮影)

 親善試合のため米国滞在中の全日本高校選抜チームは30日、「野球発祥の地」との伝説があるクーパーズタウンの米野球殿堂博物館を見学した。

 一行は野球殿堂で記念撮影をした後、博物館を見学。同館にはベーブ・ルースら伝説のメジャーリーガーが使用した野球用具のほか、イチローや松井など日本人の用具も多数展示されている。

 早稲田実の斎藤佑樹投手は「WBCの日本代表の展示物と、王先輩のグローブに感動しました。自分もここを目指したい」。駒大苫小牧の田中将大投手は「ノーラン・ライアンの奪三振記録がズバ抜けていました」と驚きの様子だった。(クーパーズタウン=久保木善浩)
17 : 53 : 24 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハンカチ王子、駒苫田中…どちらがメジャー向き?
2006 / 08 / 31 ( Thu )
甲子園のライバル少~しリード

親善試合を翌日に控え、室内練習場で身体をほぐす斎藤(AP)


 【クーパーズタウン=久保木善浩】米遠征中の全日本高校選抜チームの斎藤佑樹投手(早実)と田中将大投手(駒苫)。あす31日から日米親善試合に出場する2人の投手は果たしてどちらがメジャー向きか?

 チームは30日、午前10時20分からニューヨーク近郊の球場で渡米後初の練習を行った。斎藤はブルペンで約40球、田中は約50球を投げ込んだ。一行は練習後、バスで約4時間かけて、試合会場があるクーパーズタウンへと向かった。

 ところで昨29日、ヤンキースタジアムで球児たちを前に挨拶した松井秀喜選手を見た選抜チーム同行の関係者は「さすが松井選手。堂々としている」と感心しきりで、さらにこう続けた。

 「テレビで見るメジャーリーガーたちは皆、堂々と話す。松井選手は高校のときからハキハキしていた。田中君はいつも堂々とした態度だから、こちらに来ても負けないだろう。斎藤君はもう少し大きな声で話した方がいいね。もっともクールな雰囲気が彼の持ち味だけど」

 メジャーリーガーは注目度も高く、取材も多い。松井は毎試合後に欠かさず会見を開いてきた。またイチローもWBCではリーダーとしての地位を築いた。

 では斎藤と田中はどうか。「松井と対戦してみたいか?」の問いに、田中が「その時には自分の持っている力を出せればいい」と答えたのに対し、斎藤は「そんなには…」。投球スタイルと同じく、田中の方に粗削りな迫力がある。

 とはいえ、斎藤は「ここ(ヤンキースタジアム)で投げてみたい、とは思いました」というなど、メジャーへの夢はある。「人間として偉大な人」と尊敬してきた松井の姿勢を参考にすれば、メジャーへの道もさらに1歩前進するはずだ。

17 : 43 : 14 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤、あした登板もOK-練習後は野球殿堂を見学
2006 / 08 / 31 ( Thu )
斎藤投手、田中投手 投球練習

【クーパーズタウン(米ニューヨーク州)30日共同】日米親善野球のため米国を訪れている日本高校選抜は30日、ニューヨーク郊外の短大グラウンドで初練習した後、31日の試合会場である当地に入り、野球殿堂を見学した。

午前中は短大のグラウンドで体をほぐし、斎藤佑樹投手(東京・早実)も軽く約40球を投げ込んだ。出発前日の28日以来の練習だったが、斎藤は「直球、変化球、全部の球種を投げた。時差ぼけはない。あした(31日)投げろと言われれば投げられる」と笑顔で話した。

一行は練習後、バスで移動。野球殿堂を訪れ、全員のサインが入ったバットを贈った。館内では、球史に残る選手たちの記念品や、日本人で展示されている衣笠祥雄氏やイチロー外野手、松坂大輔投手のユニホームなどを興味深そうにながめていた。31日は米国東部選抜と2試合を行う
16 : 38 : 08 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん40球!31日登板もOK
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 日米親善野球のため米国を訪れている全日本高校選抜は30日、ニューヨーク郊外の短大グラウンドで初練習した後、31日の試合会場であるクーパーズタウンに入り、野球殿堂を見学した。
 午前中は短大のグラウンドで体をほぐし、早実・斎藤佑樹投手(3年)も軽く約40球を投げ込んだ。出発前日の28日以来の練習だったが、斎藤は「直球、変化球、全部の球種を投げた。時差ぼけはない。明日(31日)投げろと言われれば投げられる」と笑顔で話した。一行は練習後、バスで移動。野球殿堂を訪れ、全員のサインが入ったバットを贈った。
(日刊スポーツ) - 8月31日14時47分更新
14 : 47 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤、初戦登板へ
2006 / 08 / 31 ( Thu )
【ニューヨーク30日】日米親善高校野球のため米国滞在中の高校日本選抜チームが、当地郊外のサファーン市立ロックランドコミュニティカレッジ内のグラウンドで初練習を行った。小雨が降る中、斎藤、田中ら投手陣はブルペン入り。和泉実監督は31日の米国東部選抜チームとの初戦(ダブルヘッダー)について「先発はこれから考えるが、ピッチャーは一通り投げさせたい」と名言。斎藤、田中がいきなり登板することになりそうだ。移動のため、体を動かすのは3日ぶりとなった斎藤だが「きょうは7、8割の力で投げた。球種も全部、確認した。時差ボケもないし、明日は投げたい」と登板に意欲を見せていた。

[ 8月31日 11時32分 更新 ] スポーツ報知
11 : 32 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全日本高校野球選抜、野球殿堂訪問 クーパーズタウン
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 日米親善試合(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)のため訪米中の全日本高校野球選抜チームが30日、クーパーズタウンの野球殿堂を見学した。
 ベーブ・ルースら大リーグの名選手ゆかりの品々のほか、今春のワールドベースボールクラシックで優勝した日本代表の展示もあり、選手たちは食い入るように見つめた。後藤貴司主将(早稲田実)が代表して、メンバー18人のサインが入った金属バットを殿堂に寄贈。デール・ペトロスキー館長は「展示を検討したい。みなさんがいつか表彰され、再びここに戻ってくることを期待します」と話した。
 後藤主将は「偉大な選手を間近に感じた」、斎藤佑樹投手(早稲田実)は「刺激になった。殿堂入りを目指してやっていきたい」と感想を語った。全日本は31日、クーパーズタウンで米国東部高校選抜とのダブルヘッダーに臨む。
(2006年08月31日11時20分 朝日新聞社)
(朝日新聞) - 8月31日11時30分更新
11 : 30 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん ゴジラからメジャーの教え
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 日米親善高校野球大会(ニューヨーク、ロサンゼルス)に出場する全日本選抜チームが29日(日本時間30日)、米ニューヨークに到着しヤンキースタジアムなどを観光。球場内では急きょ、米大リーグ、ヤンキース・松井秀喜外野手(32)との対面が実現した。メジャーに憧れる早稲田実・斎藤祐樹(3年)らは米国で活躍する秘訣などの質問をぶつけ、その存在の大きさに感激していた。
 スタジアム見学ツアーで訪れた、あこがれのヤンキースタジアム一塁側ベンチ。全日本選手たちに思いがけないサプライズが待っていた。メジャーリーガー・松井との初対面。“ハンカチ王子”こと斎藤も、渡米前から楽しみにしていた質問の機会に恵まれた。
 あこがれの人を前に長旅の疲れも吹き飛んだ斎藤は「アメリカに来て大変だったことは何ですか?」と話しかけた。これに対し松井は「文化や習慣などいろいろ違う。食事も言葉もね。慣れるまで多少時間がかかるけど、そういうことを楽しいと感じられればいいんじゃないか」と笑顔で答えた。
 副将を務める駒大苫小牧・本間篤史外野手(3年)も「メジャーリーガーと日本人選手の違いは?」と尋ね、松井は「体格が違うけど、日本人は日本人のよさを出して戦わなくてはならない。こちらの長距離バッターと勝負してもかなわないからね」と話した。
 時間にして10分ほどだったが、感動の対面を終えた斎藤は「尊敬する人物だった。会ってみて威圧感と優しさを感じた」と瞳を輝かせた。「“人と同じでは勝てない。日本人のよさを出し、人と違ったことをしないといけない”と言われたことが印象に残った」とすっかり魅了された様子だった。
 一時は“ハンカチ王子フィーバー”で米国にメディアが殺到するのを憂慮した高野連が、予定していたヤンキース戦の観戦や松井との面会要請を取りやめた。しかし球場内を代表取材にすることで、ヤ軍や松井も快諾。松井は練習前の時間を利用して私服姿で選手を激励し、18人全員と握手を交わした。
 グラウンドの感触を確かめた斎藤は「きれいな球場。いつかではなく一度はマウンドで投げてみたい」とメジャーリーガーへの夢を膨らませた。この日は予定していたヤンキース対タイガース戦が雨天中止となったが、あこがれの人との対面がかなった選手たちは大満足だった。
(デイリースポーツ) - 8月31日11時9分更新
11 : 09 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん 11日に進路表明へ
2006 / 08 / 31 ( Thu )
佑ちゃん 11日に進路表明へ

 進学かプロか-。悩める王子・早実の斎藤佑樹投手が、ついに“決断”を下した。10日、群馬県太田市内の実家で斎藤の父・寿孝さんが「明日(11日)に学校側に伝えて、発表があります」と明かしたもの。今夏の全国高校野球選手権を制し、国民的アイドルとなった右腕の注目の進路は、11日に発表される。
 全国制覇から20日。いまや日本一の人気を誇る高校生となった斎藤が、自身の進路について結論を出した。
 この日午後7時40分。マスコミの待つ太田市の実家に、家族会議を終えたとみられる父・寿孝さんが帰宅し、重い口を開いた。「ノーコメントです。家族会議?それもちょっと…」と厳しい表情だったが、「あした学校に伝えます。あした発表がありますから」。プロか進学かの結論が下されたことを明かした。
 早大進学が既定路線とされていた斎藤だが、全国制覇した先月21日に、進路について「まだ分かりません。ゆっくり考えたい」と発言。それを受けて、複数のプロ球団が獲得に興味を示してきていた。
 その後、寿孝さんは本紙の取材に対して「進学することになると思います」と既定路線を強調していたが、本人はプロ入りの可能性について「選択のひとつ」と口にするなど、揺れる心境を吐露していた。母・しづ子さんが、プロ入りを勧めているとの情報もある。ただ、早大OBは「早実関係者からも進学になるのではと聞いている」。獲得を検討する在京球団のスカウトも「進学になるでしょう」と見通しを語っている。
 斎藤は日米親善高校野球の遠征から8日深夜に帰国。前日は早実に登校したが、登下校で姿を見せることはなかった。この日も実家周辺には、マスコミやファンが詰め掛けたが、日中は人の気配もなく、ひっそりしたままだった。
 11日に斎藤は授業のために、国分寺市内の同校に登校し、進路を表明する見込み。プロ入りを希望する場合は15日までに「プロ志望届」を提出する必要がある。早実の和泉監督は「あす、本人から結果を聞く。家族で決めた話に注文をつけることはない」と意向を尊重する考えを示している。
(デイリースポーツ) - 9月11日11時0分更新
11 : 00 : 00 | 斎藤佑樹くん 進路関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駒苫・田中が憧れのゴジラと対面し感激!
2006 / 08 / 31 ( Thu )
ヤンキースタジアムに立つ駒大苫小牧・田中(右)と早実・斉藤

 
 【ニューヨーク29日(日本時間30日)=白船誠日】北の怪物が感激した。米国遠征に臨む全日本高校野球選抜チームが当地に到着。ヤンキースタジアムでヤンキース松井秀喜外野手(32)と対面した。駒大苫小牧のエース田中将大(3年)も松井とがっちり握手を交わした。すでにプロ入りの意思を表明している右腕は「ああいう大人になりたい」と心酔した。

 北の怪物がニューヨークでゴジラと遭遇した。急きょ実現したあこがれの人との対面。一塁側ダッグアウトで待っていると、松井が登場。思わず顔がほころんだ。左手首骨折でリタイア中の松井から「夢を持って、常に自分の足元を見つめながら、頑張ってほしいと思います」と激励された。右手を差し出されると、立ち上がってがっちり握手を交わした。大きな右手だった。

 高校生とはいえ、同じ野球選手として感じるものがあった。田中は「人間的にもいい人だと思っていて、話を聞いてみて、やっぱりこういうところが大事だな、と。大人の社会に出て、ああいう人物になれたらいいと思いました。男らしかったです」と感心した。高校野球、プロ野球、そしてメジャー…。ステップアップしながら常に結果を出してきたバットマンに自身の姿を重ね合わせた。

 充実の米国遠征初日だった。JFK空港到着後、ヤンキースタジアムに直行した。左翼後方のモニュメントパークでゲーリッグやルースら名選手のレリーフ前で記念撮影した。クラブハウス付近や記者席、一塁側ダッグアウトを巡った。フェンス前に立ち、土の感触を確かめた。メジャーの空気に触れ「テレビで見るより迫力がありました。(グラウンドの)芝が長かったです」と実感した。

 30日の米国初練習後、クーパーズタウンに移動する。31日は米国東部選抜チームとダブルヘッダー2試合を予定している。すでにプロ入りの意思を表明。9月25日の高校生ドラフトを心待ちにする。田中は「自分たちも日本人メジャーリーガーに負けないようにやっていかなければならないと思いました」と決意を新たにした。「松井の教え」を心に刻んだ北の怪物がアメリカ初陣に臨む。
(日刊スポーツ) - 8月31日9時46分更新
09 : 46 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早実・斎藤 約40球投げ笑顔
2006 / 08 / 31 ( Thu )
試合を翌日に控え、投球練習する早実の斎藤 Photo By 共同
試合を翌日に控え、投球練習する早実の斎藤 Photo By 共同



 日米親善野球のため米国を訪れている日本高校選抜は30日、ニューヨーク郊外の短大グラウンドで初練習した後、31日の試合会場であるクーパーズタウン(米ニューヨーク州)に入り、野球殿堂を見学した。

 午前中は短大のグラウンドで体をほぐし、斎藤佑樹投手(東京・早実)も軽く約40球を投げ込んだ。出発前日の28日以来の練習だったが、斎藤は「直球、変化球、全部の球種を投げた。時差ぼけはない。あした(31日)投げろと言われれば投げられる」と笑顔で話した。

 一行は練習後、バスで移動。野球殿堂を訪れ、全員のサインが入ったバットを贈った。館内では、球史に残る選手たちの記念品や、日本人で展示されている衣笠祥雄氏やイチロー外野手、松坂大輔投手のユニホームなどを興味深そうにながめていた。31日は米国東部選抜と2試合を行う。 (共同)
[ 2006年08月31日 09:35 速報記事 ]
09 : 35 : 08 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駒大苫小牧・田中の大争奪戦!巨人など5球団が抽選覚悟
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 早実・斎藤佑樹投手(18)の進学表明を受け、プロ各球団は高校生ドラフト(9月25日)で大幅な方針転換を迫られることになった。巨人、日本ハム、楽天など少なくとも5球団が重複覚悟で駒大苫小牧・田中将大投手(17)を1巡目で指名する方針。今夏の甲子園で斎藤と真っ向勝負を演じた右腕に、あらためて熱い視線が注がれる。

 新たな戦いのゴングが鳴り響いた。今夏の甲子園で主役を演じた高校球児2人のうち、斎藤が大学進学を表明。にわかに注目の的となるのは“もう1人の主役”田中だ。

 「今年は田中君、堂上君、増渕君と、いい選手がいっぱいいる。ボクの中では(1巡目選手を)固めているけど…」

 巨人の清武英利球団代表(55)は明言こそ避けたが、以前から球団としてトップの評価は田中だった。ところが田中に劣らない素質を持った斎藤がプロ表明の可能性を示唆。人気回復という点で、斎藤の決断しだいでは軌道修正を余儀なくされる可能性もあったが、進学表明で田中指名の方向性が固まった。

 しかし、田中を高く評価しているのは巨人だけではない。即戦力投手が必要な楽天も田中獲りの方針。野村監督も「(甲子園決勝をテレビで見て)球数が150球を超えてもスピードが147、8キロ出ていた。それだけで大変な素質だよ」と最大級の評価を与えた。

 さらに日本ハムは、地元・北海道の高校出身だけに是が非でもほしいところ。昨年の時点で早々に1巡目での獲得方針を宣言しており、スター性を十分に秘めた若手エースに、ラブコールを送り続けている。他にも横浜やオリックスも参戦が予想され、現時点では少なくとも5球団が1巡目で重複指名することになる。

 「プロでやりたい気持ちがある。日本のプロ野球なら12球団のどこでもいいです」

 すでにプロ志望の意向を示している田中。球団にこだわらない姿勢も争奪戦の激化に拍車をかける。斎藤から田中へ-。この夏、日本列島を感動の渦に包み込んだもう1人の17歳右腕が、秋の話題を独占する。
(サンケイスポーツ) - 9月12日8時3分更新
08 : 03 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
よく聞け斎藤!松井秀が“サプライズ対面”でメジャー魂注入
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 【ニューヨーク29日(日本時間30日)】ヤンキースの松井秀喜外野手(32)が米国遠征中の早実・斎藤佑樹投手(18)=3年=に3つの金言を授けた。日本高校選抜の一員としてヤンキースタジアムを訪問した斎藤と初対面した松井秀は、将来の夢というメジャー入りに向けて(1)米国遠征の感激を忘れるな(2)夢を持て(3)異文化を楽しめ-の3カ条をアドバイス。さらに「顔も端正。オレの高校時代とは違う」とスター性に太鼓判を押した。松井秀は予定通り30日からフリー打撃を開始、いよいよ完全復活のカウントダウンに入る。

 あきらめていたはずの夢の対面が実現した。一塁ベンチから緑のフィールドを眺めていた球児たちの前に私服姿でさっそうと現れた松井秀。「オーッ」の歓声とともに全員のテンションが急上昇するのが分かった。

 チケット手配の都合などでいったんは中止と発表されたヤンキースの試合観戦。しかし、関係者らによると松井秀自ら奔走し、チケット30枚を確保した。結局試合は雨天中止になったが、“ぜひヤンキースの試合を高校生に見てほしい”という松井秀の気持ちが、そのまま表れた行動だった。

 夢の初対面に興奮していたのは球児たちだけではない。14年前の甲子園の怪物は“王子”に興味津々。日米球界を知る先輩として未来ある後輩に、こう言葉をかけた。

 「僕も高2、高3のときに出させていただいてすばらしい思い出になった。皆さんにとっても素晴らしい体験だと思うし野球以外にも役立つことがあると思います」

 米国到着後さっそくヤンキースタジアムを訪れた選手たちにまず「この感激を忘れるな」とひと言。松井秀も高2の米国遠征でドジャースタジアムを訪ねた。その球場の雰囲気、スタンドから見た当時パイレーツのバリー・ボンズ外野手(42)=現ジャイアンツ=の姿を大リーグの原風景として、強烈に脳裏に焼きつけた。この日球児らが見た、ヤンキースタジアムの左翼フェンス後方にあるベーブ・ルースら名選手のレリーフが飾られた『モニュメントパーク』、ヤ軍のロッカールームの独特の空気を、斎藤らにも忘れてほしくなかったのだ。

 続いて「自分なりの目標、夢を持ち、常に自分の足元を見つめながら頑張ってほしい」。2つ目のアドバイスは「夢を持て」ということ。斎藤が小学校の文集で将来の夢は「メジャー入団(ヤンキース)」と書いたのは松井秀も知っている。

 最後に贈る言葉は「文化、習慣、食事、言葉も違う。慣れるまでに時間はかかるがそういうことを楽しいと感じられればいい」。役員に促された斎藤から「米国に来て大変なことは?」と質問され「異文化を楽しめ」と説いた松井秀。金言にうなずくように聞き入った斎藤は「威圧感というかオーラの中にも優しさが感じられる、すごい人」と興奮を隠せない。

 逆に斎藤の印象を「まじめそうで野球に真っすぐに取り組んでいる。“ハンカチ王子”と呼ばれているだけあって顔も端正。オレの高校時代とは大違いだよ」。周囲を笑わせながら王子のスター性を評価した。自分もかつてはメジャーにあこがれた高校球児。そんな甲子園の先輩として、斎藤が海を渡る日をゴジラは楽しみにしている。
(サンケイスポーツ) - 8月31日8時3分更新
08 : 03 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロッテが早実・斎藤を1巡目候補…スカウト会議
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 ロッテは31日、編成スカウト会議を行い、早実・斎藤佑樹投手を1巡目候補にリストアップした。この日、千葉マリンで高校生ドラフト指名候補を25人に絞ったロッテ。会議に出席したバレンタイン監督は「斎藤は高校生のトップグループに入っている」と明言した。

 これまでロッテは斎藤の進路を進学と予測。瀬戸山代表は「進学と聞いているし、指名はしないでしょう」と消極的な態度を見せてきたが、今月15日までにプロ志望届を提出した場合に備え、リストに加えた。バレンタイン監督は斎藤を「とてもいい投手であることは確か」と評価。1巡目指名に含みを持たせた。

 昨年は他球団との競合を避けたが、指揮官は「指名する選手によってくじ引きは当然生まれるだろう」と競合覚悟で望む考え。鷲宮のサイド右腕・増渕竜義らとともに1巡目候補として、斎藤の意思表示を待つ。
(スポーツ報知) - 9月1日8時1分更新
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 進路関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松井秀喜、球児に癒された
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 【ニューヨーク29日】米国遠征に臨む高校日本選抜チームが当地に到着。早実・斎藤佑樹投手(18)ら一行が急きょ、予定を変更しヤンキー・スタジアムを見学。骨折した左手首のリハビリのため、早めに同球場入りしていた松井秀喜外野手(32)が球児たちを激励した。

 “サプライズ対面”という粋な計らいをした松井だったが、逆に球児たちに癒やされた。自身も石川・星稜高2、3年の時、日本選抜の一員として米国遠征を経験している。「目標を持って、夢を持って、自分の足元を見つめながら頑張ってほしい」とアドバイス。ベンチに座りながら、両手をひざの上に置き、背筋をピンと伸ばして聞き入る球児たちの姿に「彼らの真っすぐな気持ちに触れると、気持ちいい」と笑顔を見せた。

 自らと同じように、甲子園で活躍し、注目の的となっている斎藤については「“ハンカチ王子”と言われるだけあって、端正な顔をしていた。オレの高校時代とは大違い。オレがハンカチを使っていても、“王子”とは呼ばれてない」“ゴジラ”と命名された自分と比較して、苦笑いしていた。
(スポーツ報知) - 8月31日8時0分更新
08 : 00 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤 松井秀と感激対面&握手
2006 / 08 / 31 ( Thu )
ヤンキースの松井秀(右)と握手する早実の斎藤投手
ヤンキースの松井秀(右)と握手する早実の斎藤投手



 ハンカチエースが“生ゴジラ”に感激した。日本高校選抜の一員として渡米中の早実・斎藤佑樹投手(3年)が29日(日本時間30日)、ニューヨークのヤンキースタジアムでヤンキース・松井秀喜外野手(32)と対面した。将来的にメジャー挑戦を視野に入れる斎藤は、日本人メジャーリーガーを代表する松井とわずかな時間ながら至福の時を過ごした。一行は一夜明けた30日、ニューヨーク市内で約2時間の練習。31日からの親善試合に備えた。

 思わず声が出た。

 「広いなあ」

 あこがれだった夢の舞台。ヤンキースタジアムのベンチを出て、スタンドを見上げた斎藤の本音だった。「本当にきれいな球場。こんな凄いところで(プレーを)やっているんだと思うと…。いつかじゃなく(近い将来)1回は投げてみたい」

 サプライズはそれだけじゃなかった。球場見学後、一塁ベンチに座っていると私服姿の松井が登場。混乱を避けるため、1度は“消滅”したと思われていたビッグスターとの対面に斎藤を含めたメンバーから「おおーっ」の歓声が上がった。

 斎藤は生品小6年の卒業文集で将来の夢に“メジャーリーガー(ヤンキース)”と記した。ピンストライプのユニホームには人一倍、あこがれがある。その“夢”をかなえた男との対面。斎藤の「アメリカに来て大変なことは」の質問に対して松井は「文化とか習慣とか、いろいろ違う。慣れるまでに時間はかかるが、そういうことを楽しいと感じられればいい。僕は前向きに楽しむことができた」。さらに「日本人は決して体が大きくない。(外国の)人と同じことをしていてはダメ」と1メートル76、70キロの右腕にとって格好のアドバイスには何度もうなずいた。

 斎藤「威圧感とオーラがあって、優しさが感じられた。想像していた通り尊敬できる人」

 松井「まじめそうで野球に対して真っすぐな感じ。“ハンカチ王子”と言われるだけあって顔も端正。オレの高校時代と比べてえらい違い」

 時間にしてわずか10分程度だが、それぞれの印象を語った。松井がタイガース戦のバックネット裏チケット30枚を用意したが、試合は残念ながら雨で中止。それでも斎藤は“プラチナチケット”を大事そうにカバンへしまい込んだ。

 ニューヨーク到着時の空港では報道陣50人以上が待ち構えていた。海を越えても続くフィーバーに斎藤は「こっちに来て、少しはゆっくりできると思ったが…。ちょっとつらいです」と、移動のバス車中では思わず本音も漏らした。

 「アメリカをやっつけてな、みんな」。松井の言葉は斎藤の胸に響いた。少年時代に夢だった米球界挑戦は目標となった。スタジアムで感じたメジャーの空気、松井から受けた刺激。すべてを吸収して右腕が一回り大きくなった。

 ≪30日は軽めの練習≫松井との感激の対面から一夜明けた30日、斎藤らナインはニューヨーク市内の大学の体育館でキャッチボールなど、軽めのメニューで体を動かした。朝7時半の起床だったが、長旅の疲れも見せず、朝の体操にも選手全員が遅れずに参加。もっとも今夏甲子園のマウンド同様、クールな斎藤に対し、駒大苫小牧・田中はあくびを繰り返して眠そうな表情と、対照的だった。
[ 2006年08月31日付 紙面記事 ]
05 : 00 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん4回無失点 8奪三振
2006 / 08 / 31 ( Thu )
米国東部選抜戦に先発、力投する早実の斎藤 Photo By 共同
米国東部選抜戦に先発、力投する早実の斎藤 Photo By 共同


 米国遠征中の日本高校野球選抜は31日、ニューヨーク州・クーパーズタウンのダブルデー・フィールドで米国東部選抜と対戦し、ダブルヘッダーの第1試合で、全国高校選手権で初優勝した東京・早実の斎藤投手が先発した。

 斎藤は立ち上がりから落ち着いた投球を続け、切れのいい直球と低めへの変化球を武器に4回まで無失点で8奪三振。試合は日本高校選抜が5―1で勝った。 (共同)
[ 2006年08月31日 00:40 速報記事 ]
00 : 40 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハンカチ王子、松井と対面…メジャー心得伝授!?
2006 / 08 / 30 ( Wed )
ヤンキースタジアム偶然のご対面「びっくりした」

【ニューヨーク=久保木善浩】ハンカチ王子とゴジラの初対面だ! 米国入りした全日本高校選抜チームは29日、ヤンキースタジアムを訪れて球場内を見学。リハビリのため早めに球場入りしていた松井秀喜外野手と対面を果たした。ゴジラの登場は予定外だっただけに、早稲田実の斎藤佑樹投手は「びっくりした。松井選手は偉大な人」とすっかり感激した様子だ。

 一行のヤンキース戦観戦は報道陣の取材申請が殺到し、混乱を避けるために日程から外された、はずだった。しかし、「せっかくだから歴史ある球場を見せたい」と高野連側が配慮。スタジアムツアーへの参加という形で訪問が実現した。

 午前11時半に空港に到着すると、バスでスタジアムへ直行。午後1時過ぎからツアーに加わり、左中間のモニュメント・パークではベーブ・ルースのレリーフ前で記念撮影、3階の記者席、一塁側ベンチを見学する。そして18人の選手がベンチに腰かけ、斎藤は駒大苫小牧の田中将大投手と隣り合わせで座った。

 そのときだ。リハビリのため球場入りした直後の松井がベンチに姿を見せた。スタジアム見学も予定外なら、松井の登場も“ハプニング”。選手たちは「オーッ」とどよめき、拍手がわき起こったが「いつもにはない緊張した顔つき」(和泉実監督)。松井が前に進み出てあいさつを始めると、食い入るように見つめた。

 「僕も10何年か前に出させていただいて、素晴らしい思い出として残っています。自分なりの目標、夢を持って常に自分の足元を見つめながら頑張ってほしいと思います。今日プレーを見せられないのが非常に残念です」

 18人の選手全員が松井と握手を交わした後、質問タイムでは斎藤が「アメリカに来て大変なことは何ですか?」と問いかけ、松井は「文化、習慣、食事、言葉も違うし、慣れるまでには時間がかかる。逆にそういうことを楽しく感じられれば、僕は前向きに楽しむことができましたし」。松井が話し終わると、斎藤はやや緊張した様子でペコリと頭を下げた。

グラウンド・ゼロを訪れた斎藤。ハンカチ王子の登場はニューヨークでも注目の的(撮影・春名中)



 斎藤は「いきなりだったんで、びっくりしたのが一番です」と松井との対面に驚いた様子だ。

 「威圧感というか、オーラの中にもやさしさが感じられてすごい人だな、と思いました。松井選手を尊敬してきて、人間として偉大な人だと感じていました。実際に会って話してみても同じ印象です」

 また、田中も「じかに見てみたらガッチリしていて、デカいな~という印象でした。人間的にもいい人だと思うので、大人の社会に出てからああいう人物になれればいいと思いました」と、生の松井を見て感激していた。

 ところで、斎藤の印象について松井は、「まじめで野球に対してまっすぐ取り組んでいる感じ。ハンカチ王子といわれるだけあって、顔も端正だったね。オレの高校時代とはえらい違いだったよ。王子と呼ばれたかった? いいねえ。オレもハンカチを使っていたらそう呼ばれたかもね」と苦笑した。もちろん野球は顔でプレーするわけでは、ないが…。

17 : 32 : 51 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高校野球全日本チームが松井秀と対面 斎藤、田中ら
2006 / 08 / 30 ( Wed )
 日米親善試合(31日から米国ニューヨーク州など)に参加するため訪米中の全日本高校野球選抜チームが29日、大リーグヤンキースの本拠・ヤンキースタジアムを見学し、左手首の負傷から復帰を目指す松井秀喜選手とも対面した。
 一塁ベンチに現れた松井選手を、今夏の第88回全国高校選手権大会で初優勝した早稲田実(西東京)の斎藤佑樹投手ら18人のメンバーは拍手で迎えた。松井選手は「僕も高校2、3年の時に(全日本の)遠征に出て、素晴らしい思い出になっている。夢を持って、常に自分の足元を見詰めながら頑張って」と激励した。
 斎藤投手が「米国に来て大変だったことは何ですか」と尋ねると、松井選手は「文化、習慣の違いに慣れるまで多少時間がかかる。けれど、逆にそういうことを楽しいと感じた」と笑顔で答えた。メンバー一人一人と握手し、お互いの健闘を誓いあった。
 全日本チームはこの日午前、ジョン・F・ケネディ空港着の航空機で米国入り。米同時多発テロの現場となった「グラウンド・ゼロ」も訪れ、犠牲者の冥福を祈った。
(2006年08月30日10時09分 朝日新聞社)
(朝日新聞) - 8月30日12時0分更新
12 : 00 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全日本選抜、松井秀と対面―高校野球
2006 / 08 / 30 ( Wed )
全日本選抜、松井秀と対面―高校野球

ヤンキースタジアム観戦ツアーの途中、ヤンキースの松井秀(右)との対面が実現し、握手を交わす駒大苫小牧の田中(左)。左から2人目は早実の斎藤(29日、ニューヨーク)(時事通信社)11時45分更新
11 : 45 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついに対面!佑ちゃん王監督見舞う
2006 / 08 / 30 ( Wed )
大勢のファンが待ち受ける中、伊丹空港に到着した早実・斎藤

 
 日米親善高校野球大会(ニューヨーク、ロサンゼルス)に出場する全日本選抜チームが29日、成田空港発の日航機で渡米した。
 空港では、甲子園の決勝で死闘を演じた早実・斎藤佑樹投手、駒大苫小牧・田中将大投手(ともに3年)がそろって会見。斎藤は帰国後に、がんで胃の全摘出手術を受け東京都内の病院に入院中の早実OB、王貞治ソフトバンク監督(66)を見舞う意向を表明した。
 チームは米国で現地選抜チームと5試合を戦い、9月8日に帰国する。
 尊敬する大先輩に対する素直な思いを、斎藤は口にした。甲子園大会期間中、病床から励ましのメッセージを送ってくれた王監督に対し、斎藤は「帰国後にお見舞いに行きたいですね」と決意を口にした。
 地方大会の時から、斎藤は入院中の王監督のことを心配していた。西東京大会決勝で日大三に勝って甲子園出場を決めたときには「王さんのために勝とうと思った」と話している。夏の甲子園開幕前には、王監督からの「早実魂を最後まで見せろ」というメッセージが届いた。斎藤はその言葉を胸に戦い、早実初の夏優勝という快挙を成し遂げた。
 優勝後は周囲のけん騒に加え、スケジュールがびっしり詰まっており、王監督に会うことはできなかった。ただ、入院中にもかかわらず後輩のことを気遣ってくれる大先輩に対し、直接会って感謝の言葉を述べたいという気持ちに変わりはない。
 王監督にいい報告をするためにも、米国で好成績を残したいという思いは強い。相手は米国の東部、西部の各高校選抜チームで、メジャー予備軍といったところ。将来のメジャー挑戦も視野に入れる斎藤は「アメリカのチームと対戦できることは、自分の一生の中でも大きなチャンス。自分のスタイルを崩さず、力を発揮したい」と決意を語った。
 28日には1週間ぶりにブルペンで22球を投じ「肩は何も問題ない。試合で投げろと言われてもすぐいける」と自信を見せた。野球の母国での貴重な経験。“祐ちゃん”は、一回り大きくなって帰ってくるはずだ。
(デイリースポーツ) - 8月30日10時59分更新
10 : 59 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高校野球選抜、ヤンキースタジアムで松井秀喜と対面
2006 / 08 / 30 ( Wed )
 【ニューヨーク=田中富士雄】高校野球の日米親善試合に出場する全日本選抜チームが29日、ニューヨークに到着し、ヤンキースタジアムを訪れた。

 球場見学ツアーで、歴代名選手のレリーフが飾られているモニュメント・パークなどを回った後、一塁側ベンチでヤンキースの松井秀喜選手と対面した。

 松井選手は「自分なりの目標と夢を持って、常に足元を見つめながら頑張ってほしい」と選手を激励。甲子園優勝の斎藤佑樹投手(早実)が「アメリカに来て大変だったことは何ですか」と尋ねたのに対し、松井選手は「文化、習慣、いろいろ違う。慣れるまでに多少、時間はかかるけど、前向きに(違いを)楽しむことができました」と答えた。
(読売新聞) - 8月30日10時53分更新
10 : 53 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん初戦からいける「肩問題ない」
2006 / 08 / 30 ( Wed )
早実の斎藤(右)、駒大苫小牧の田中将(左)、早実の後藤主将(手前)

 
 佑ちゃんが、メジャー予備軍相手に腕試しだ。日米親善高校野球に出場する全日本高校選抜は29日正午、成田空港発の日航機で出発し、米国入りした。注目のV右腕、早実・斎藤佑樹投手(3年)は成田空港で会見に応じ、ヤンキースタジアムへのあこがれを口にし、31日深夜(米国時間31日午前)からいきなりダブルヘッダーが予定される米国東部選抜チームとの第1、2戦に登場する可能性も出てきた。全日本選抜は計5試合の親善試合を行い、9月8日に帰国する予定。
 「とても楽しみです。今まで日本のチームとやってきた中で、今回、外国の、米国のチームとできることは自分の一生の中でもチャンスなので、自分の力が発揮できればいいです」。出発前の斎藤は、はやる気持ちを抑えるように心境を語った。プロか進学か。社会現象のようにフィーバーする中での渡米。一番見てみたい球場に「ヤンキースタジアムを見てみたいです」と、素直に口にした。
 体調も万全だ。25日から4日間の関西合宿では、疲労回復を優先。紅白戦や関大との練習試合には登板せず、初日と最終日に約20球ずつの投球練習にとどめた。肩の状態は「問題ないです」と強調した。甲子園決勝と再試合で投げ合った田中将大(3年=駒大苫小牧)と並んで会見。斎藤は登板への準備について「すぐに投げられるか」と質問され「はい」と米国入り即、登板に支障がないことを明かした。「高校野球をずっとやってきて、自分のスタイルを崩さないようにできれば」。舞台が甲子園から米国に移っても、心構えは変わらない。
 今春には早実の大先輩、ソフトバンク王監督が率いた日本代表がWBCで優勝した地でもある。その大先輩に、今回の米国遠征から帰国後に「(甲子園優勝報告に)行きたい」と答えた。日米親善試合でも活躍し、うれしい報告を増やしたいところだ。
 この日も空港で多くのファンの歓声を受け、人気は相変わらず。野球発祥の地で何を学ぶのか。注目の右腕が、米国に乗り込んだ。【古川真弥】
(日刊スポーツ) - 8月30日9時55分更新
09 : 55 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駒苫・田中フル回転誓う!先発&救援OK
2006 / 08 / 30 ( Wed )
アメリカ行きの搭乗口に向かう駒大苫小牧・田中(左)と早実・斎藤


 全日本高校選抜の駒大苫小牧エース田中将大(3年)が、フル回転でメジャーリーガーの卵たちを抑え込む。日米親善高校野球試合のため、29日に成田空港から渡米した。同選抜は投手陣を7人で編成。うち2人は内野手と兼務のため、実質5人で4日間5試合の過酷日程に臨む。田中は昨夏から甲子園通算10試合で先発4勝、救援で4勝している。どの回からでも投げられる特長を生かし、ジャパンを支える。

 全日本でも先発、救援のフル回転で田中が勝利に貢献する。渡米約1時間前だった。成田空港の待合室で、米国選抜との5試合に懸ける意気込みを報道陣に打ち明けた。「自分の与えられた役割のところで、しっかりと自分の力を出せればいい」。昨夏から甲子園では先発で4試合、抑えで6試合に登板。米国でも同様の働きでジャパンの柱を担う。

 米国滞在中は、過酷日程が待っている。31日はダブルヘッダーで、米国東部選抜チームと戦う。翌1日はクーパースタウンからニューヨーク経由でロサンゼルスへ。約4000キロの大移動となる。2日からは3日連続で、米国西部選抜チームと試合を行う。

 全日本選抜の投手陣は、内野手登録の広井亮介(智弁和歌山3年)を加えて7人で編成されている。ただ八重山商工の金城長靖(3年)も本来は内野手のため、生粋の投手は5人だけ。和泉実監督(44=早実)は「18人と限られた中で、全員で助け合いカバーしてほしい」と話す。先発、抑えのどちらでも投げられる田中には、大きな役割が期待されている。

 早実の斎藤佑樹投手(3年)と「まーくん&ゆうちゃん」コンビとしてワイドショーも巻き込んだ過熱報道も、この日で一段落した。米国到着後は野球に専念できる環境も整う。和泉監督は「親善の気持ちは、真剣勝負で相手に伝わる」と強調する。田中は「将来、メジャーリーガーになる選手たちと早く試合をしたい」としっかりとした口調で話した。投手分業制の先進国での連戦連投で、北の怪物が大リーグ候補生を圧倒する。

 ◆田中のアジアAAA野球選手権大会 昨年、2年生では2人だけ、愛工大名電(愛知)の堂上直倫と韓国遠征に参加。初戦の台湾戦に7回から救援登板したが、甲子園連戦の疲れからか4失点KO。初の世界大会は、ほろ苦い思い出となった。
(日刊スポーツ) - 8月30日9時42分更新
09 : 42 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田中 斎藤が五輪ならオレはWBCだ
2006 / 08 / 30 ( Wed )
出発ラウンジで談笑する早実・斎藤(左)と駒大苫小牧・田中
出発ラウンジで談笑する早実・斎藤(左)と駒大苫小牧・田中



 早実・斎藤が五輪なら駒大苫小牧・田中はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だ。「テレビで見ていて凄いと思った。いつかはああいう試合で投げてみたい」と3月、初代王者に輝いた王ジャパンを見てあこがれを強く抱いた。第2回WBCは3年後の09年開催予定。今秋ドラフトで上位指名が確実な田中が順調に成長すれば、メンバー入りする可能性は十分ある。昨年も2年生ながら高校選抜の一員として韓国で行われたアジアAAA選手権に出場。国際試合の大舞台を経験している。

 出発前に「将来メジャーリーガーになるかもしれない選手たちと早く試合をしたい。持っているものがどれだけ通用するか楽しみ」と話した田中。本場・米国の同世代との対戦で“JAPANの田中”を強く印象づけてくるつもりだ。

[ 8月30日 6時6分 更新 ] スポーツニッポン
06 : 06 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤 “最後の五輪”北京で投げたい
2006 / 08 / 30 ( Wed )
ニューヨークのJFK国際空港へ到着し、報道陣に囲まれる早実のエース斎藤佑樹投手
ニューヨークのJFK国際空港へ到着し、報道陣に囲まれる早実のエース斎藤佑樹投手



 北京で投げたい。今夏甲子園V腕の早実・斎藤佑樹投手(18)が29日、08年・北京五輪の日本代表入りを熱望した。12年・ロンドン五輪で野球は除外される方針が決まっており、現状では北京が“最後の五輪”の舞台となる可能性が高い。日本中をフィーバーに巻き込んだ“ハンカチエース”は2年後、日の丸を背負って今度は世界一を目指す。また、斎藤を含む日本高校選抜は同日(現地時間)、親善試合を行う米国に到着した。

 成田空港。搭乗ゲートに向かう斎藤の顔は心なしか上気していた。高校選抜の一員として臨む初の国際試合。日ごろはクールな男も、幼少のころから夢見た日の丸への思いを抑えられなかった。

 「全日本にはあこがれがあった。小さいころから五輪を見ていて。北京五輪で投げたい気持ち?はい、あります」。力強く言い切った。

 将来的にはメジャー挑戦を公言している斎藤の原点は4年に1度の祭典だ。野茂が活躍したソウル五輪開催の88年生まれの斎藤は物心ついた時から、日本代表が世界の強打者と対戦する姿を目に焼き付けてきた。中でも印象に残っているのは00年のシドニーだ。初めてプロ・アマ混成で臨んだチームには斎藤が中学時代にあこがれていた黒木(ロッテ)、松坂(西武)らがいた。韓国に敗れてメダルを逃し、松坂が流した涙は今でも脳裏に焼き付いている。「負けちゃったんですよね…」。08年の北京は2年後。斎藤の夢が実現すれば、シドニーの時の松坂と同じ20歳で五輪という大舞台のマウンドに立つことになる。

 現時点では12年・ロンドン五輪で野球は除外されている。国際野球連盟(IBAF)は16年大会からの復活を働きかけているが、現状では北京が野球にとって最後の五輪。来年11月からアジア予選が台湾でスタートする。日本代表はプロ、アマにかかわらず最強チームを編成する方針だ。斎藤は早大進学かプロ入りかの進路を表明していないものの、日本代表編成委員会・長船騏郎委員長は「あくまで最強チームで臨む方針。斎藤くんは(早大進学なら)まず早大のエースとなって実力をつけること。それから(選手選考などを)考えます。頑張ってほしい」としており、仮に早大に進学したとしても、日本代表入りする可能性は十分にある。

 高校選抜とはいえJAPANのエースナンバー“1”を背負って臨む米国での5試合は、斎藤にとって夢への第一歩。「とても楽しみ。すぐ試合でもいけます。外国チームとできるので、自分の一生の中でもチャンス。力が発揮できれば」と意気込んだ。

 甲子園から世界へ。北京五輪のマウンドでも表情を変えず、ハンドタオルで汗をぬぐうのか。斎藤の夢はそのまま、ファンの夢でもある。

[ 8月30日 6時7分 更新 ]  スポーツニッポン
06 : 00 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全日本高野選抜チーム、ニューヨークに到着
2006 / 08 / 30 ( Wed )
 米国での日米親善試合に参加する野球の全日本高校選抜チームは29日(日本時間30日未明)、空路でニューヨークに到着した。早稲田実(西東京)の後藤主将や斎藤、駒大苫小牧(南北海道)の田中ら18人のメンバーは、約12時間の空の旅にやや疲れた様子だった。チームは29日、ニューヨークに滞在。30日、米国東部選抜とのダブルヘッダー(31日)があるニューヨーク州クーパースタウンに移動する。
(2006年08月30日01時04分 朝日新聞社)
(朝日新聞) - 8月30日1時16分更新
00 : 16 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
群馬のスーパーに「王子のハンカチ」入荷
2006 / 08 / 29 ( Tue )
 夏の甲子園大会で優勝した早実の斎藤佑樹投手が使用して話題となったハンドタオルと同じ商品を関東地方中心にスーパーなどを展開する「ベイシア」(前橋市)が、80枚仕入れていたことが29日、分かった。

 同社は大阪市の繊維製品製造販売会社ニシオに類似のハンドタオルがあることを知り、今月22日に注文。翌23日になって、ニシオ側が斎藤投手のハンドタオルを同社製と確認し、ベイシアに納入したものが同じ商品と分かったという。

 販売はせず、群馬県伊勢崎市内のスーパーなど6店舗で9月一13日に1500円以上買い物をして応募した客に抽選でプレゼントする。

 斎藤投手はマウンド上で汗をぬぐう姿から新聞、テレビなどで「ハンカチ王子」と呼ばれている。ニシオによると、当該のハンドタオルは昨年9月に生産を終え、販売もほぼ完了したという。


(2006年8月29日22時00分 スポーツ報知)
22 : 00 : 00 | 佑ちゃんハンカチ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハンカチ王子「力発揮したい」…成田大騒動に
2006 / 08 / 29 ( Tue )
ハンカチ王子「力発揮したい」…成田大騒動に

早実の斎藤佑樹投手(左)ら全日本高校選抜チームが29日、米国遠征のため成田空港からニューヨークへ=千葉・成田空港、29日午前11時55分


 夏の甲子園を湧かせた早稲田実の斎藤佑樹投手、駒大苫小牧の田中将大投手ら全日本高校選抜チームが29日、米国遠征のため成田空港発の日航機で出発した。

 空港で会見に臨んだ斎藤は「米国のチームと試合ができるのは自分にとってもチャンス。日本でのスタイルを崩さないよう力を発揮したい」と語り、田中は「将来のメジャー選手と早く対戦したい」と意気込みを語った。

 この日、“ハンカチ王子”斎藤の出発をとらえようと、成田空港第2ターミナルの出発ゲート付近には、午前11時すぎから、報道陣約30人が詰めかけた。

 居並ぶテレビカメラを見て、出発客や見送り客約100人が集結。一時は三重の人垣ができるほどの過熱ぶり。あまりの騒動に、外国人旅行客が「何ごとか?」と空港職員に問い合わせたり、あわててフィルム付きレンズを買い求める女性の姿もあった。

石原知事と握手する斎藤佑樹投手


 正午発のニューヨーク便にもかかわらず、制服姿の選手らが姿を見せたのは約10分前。斎藤は田中と並びながら、いつものマイペースな表情で出発口へ向かった。

 新潟から娘の見送りで来ていた主婦(46)は、「普通、投手は袖で汗をぬぐうのに、佑ちゃんはハンカチでぺたぺた。楽しげでかわいい」と感激の面持ち。バリ島に向かう都内の女子大生(19)は「甲子園はずうっと応援してました。カメラに斎藤君の頭しか写っていなくて残念」と、興奮した様子で話していた。

 選抜チームは31日からの日米親善高校野球大会で、米国東部、西部の選抜チームと計5試合を行い、9月8日に帰国する予定。
17 : 34 : 14 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日米親善高校野球 チーム出発 斎藤投手ら意気込み語る
2006 / 08 / 29 ( Tue )
合宿初日の練習を終えて談笑する駒大苫小牧・田中(左)と早実の斎藤


成田空港経由で米国へ向かう早稲田実の斎藤(中央)、駒大苫小牧の田中(中央右)ら全日本選抜の選手たち=大阪空港で29日午前8時すぎ、望月亮一写す
 
 日米親善高校野球に出場する全日本選抜チームは29日午前、大阪(伊丹)空港から成田経由で米国に向け出発した。大阪空港の出発ロビーには、「ハンカチ王子」として人気の早稲田実の斎藤佑樹投手(3年)らを見送ろうと、女性ファンら約200人が駆け付けた。
 チームは午前7時ごろ、同空港に到着。斎藤投手は、「頑張って」と声援を送るファンにも、相変わらずクールな表情だったが、駒大苫小牧の田中将大投手(同)と仲良く笑顔を見せる場面も。
 友人と見送りに来ていた大阪府豊中市の中学3年、城戸絵未さん(15)は「斎藤投手はかっこ良すぎます」。【馬渕晶子】
 チームは、午前11時から成田国際空港内で記者会見。斎藤投手は「外国のチームとやれるのはチャンス。自分のスタイルで投げたい」と語った。田中投手も「将来のメジャーリーガーになるかもしれない相手。早く試合をしたい」と意気込んでいた。【馬渕晶子、佐藤仁志】
(毎日新聞) - 8月29日17時14分更新
17 : 14 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。