スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん平成最速10勝/東京6大学
2008 / 04 / 29 ( Tue )
1年ぶりに記事を書きましたーー!!
ちょうど1年前に転職をしたら忙しくってぜんぜん・・
斎藤君の活躍はテレビでちょこっと見るくらい・・

でも自分のペースでゆーーっくり更新していきたいと思います。
斎藤くん、まだまだ応援してるよぉーー☆☆




5回裏2死一塁、細山田の右中間勝ち越し三塁打に手をたたく斎藤


5回裏2死一塁、細山田の右中間勝ち越し三塁打に手をたたく斎藤

<東京6大学野球:法大2-3早大>◇第3週初日◇26日◇神宮
 早大・斎藤佑樹投手(2年=早実)が「平成最速」でリーグ通算10勝を達成した。法大1回戦に先発し、6回4安打2失点。4四球と制球に苦しんだが、味方打線の援護に恵まれた。2年生4月26日の10勝到達は、同5月1日達成の慶大・加藤幹典投手(22=ヤクルト)らを抜き、平成以降最速。歴代2位の大学通算47勝をマークした法大時代の怪物江川氏よりもハイペースだ。

 節目の勝利を斎藤はベンチで迎えた。6回2失点の内容に、はじける笑顔はない。味方打線の援護を受けてのリーグ通算10勝目に「もちろん節目だけど、こんなところで足踏みできない。もっと上を目指したい」。10勝到達ペースは、日数で江川氏を上回り、試合数では同じ16試合、10勝2敗同士で肩を並べる。怪物級の記録だが、特別な感慨は持たなかった。

 「ピッチャーは常に完全試合を狙うもの」の信念が、1回から崩れる。先頭打者に今季初四球を献上。無失点に切り抜けたが、4回1死二、三塁からフォークを中前に運ばれた。今季初失点でリードを許すが、5回に味方打線が2死から3連打で逆転。最後は大石達也投手(2年=福岡大大濠)が3回8奪三振で締めた。「早稲田じゃなかったら勝てなかった」と仲間に感謝した。

 法大は昨秋、クセを読み取られリーグ戦初黒星を喫した相手だった。「何かとあった相手」と警戒する法大対策に、プロではスコアラーに当たる「科学研究班」が斎藤のフォームを動作解析した。開幕直前と東大戦後の2度、変化球と直球のフォーム映像を独自のパソコンソフトで重ね合わせ、グラブの位置、腕の振りなどの違いを入念にチェック。「問題ない」と秀才軍団の後押しを受け、目の前の打者だけに集中した。

 ハンカチの代わりにポケットに忍ばせていた塩は、東大戦後に間違って洗濯してしまった。験担ぎの品は水に溶けたが、勝利は逃さない。今後の目標には「シーズン5勝」を挙げる。単純計算で1年10勝、卒業時には38勝の計算で、過去5人だけが記録する40勝超えに期待が高まる。「リーグ戦はまだ1カ月あるし、今調子が悪いということは、これから良くなると思う」とクールに締めた。【前田祐輔】

最終更新:4月27日9時53分
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

14 : 19 : 08 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
東京六大学野球 早大・斎藤、投打に活躍 法大戦で
2007 / 04 / 29 ( Sun )
【早大・法大】開幕戦に続く先発のマウンドで力投する斎藤=神宮球場で29日午後2時5分、山本晋撮影
【早大・法大】開幕戦に続く先発のマウンドで力投する斎藤=神宮球場で29日午後2時5分、山本晋撮影



みなさん、お久しぶりです。
メッセージをいただいている方にも、
なかなかお返事できなくてごめんなさい・・

プライベートで忙しくなってしまい、
なかなか更新できずにいるのです・・神宮にもまだ行けていないし!
でも、毎日斎藤くんチェックは欠かさない私。
でも、最近TVの調子が悪く、8チャンネルしかハッキリ映りません・・

10チャンネルは、割と斎藤くんネタをゆっくり流してくれるのですが、
せっかくの斎藤くんのヒーローインタビューも、
モノクロ。ほとんど昭和初期。
21世紀ってほんとにきた?

というわけで、中途半端にチェックをさせていただいている日常ですが、
ゆっくりとしたペースで斎藤くんをじっくりと追いかけていきたいと思います。

というわけで、言い訳がましくなりましたが、
これからもどうぞ宜しくお願いいたします☆



 東京六大学野球は29日、神宮球場で第3週第2日の2試合。前日は雷雨ノーゲームとなった第1試合の明大-慶大は、明大が9-0で先勝した。第2試合の法大-早大2回戦では早大1年・斎藤佑樹(早稲田実)が14日の東大との開幕戦に続いて、2度目の先発登板を果たした。
 第2試合の観衆は2万8000人と発表された。大型連休に好天も重なり、昨年の甲子園を沸かせた大物ルーキーをひと目見ようと家族連れや女性ファンが球場に足を運んだ。
 実数発表のプロ野球と異なって概数発表だが、同じ神宮球場で行われた前夜のヤクルト-巨人戦の2万106人を上回るファンが、斎藤の一挙手一投足に目を凝らした。
 〇法大-早大〇
 斎藤は一回、法大の先頭打者・和泉(2年・横浜)に左前打を浴びるなど1死二塁から、今井(1年・履正社)に二塁内野安打を許し、1点を先制された。
 早大は一回、2死二塁から田中幸(4年・宇和島東)の中前適時打ですかさず同点とした。
 斎藤は二回、2死から1四球を与えたが、後続を空振り三振に取って切り抜けた。二回の攻撃では2死一塁で打席に立ったが左飛に倒れた。三回は3者凡退に抑えた。
  斎藤は四回、先頭の大沢(4年・作新学院)に甘く入った変化球を左前に運ばれ、さらに犠打で1死二塁と得点圏に走者を背負ったが、後続を空振り三振と遊ゴロに抑えた。
 攻撃でも斎藤は活躍。四回2死一、二塁で迎えた第2打席で左前適時打を放ち、勝ち越し点。法政の先発・二神(2年・高知)をマウンドから引きずり降ろした。
 斎藤は五回2死二塁での第3打席でも中前適時打を放ち、この日2打点目を挙げた。
 斎藤は六回、先頭打者に安打を許したが、後続を併殺と遊ゴロでしのぎ、七回は3者凡退で終えた。その裏の第4打席で代打を送られ、交代した。斎藤は七回を投げ、4安打1失点1四球。

最終更新:4月29日17時6分 毎日新聞

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
17 : 06 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<東京六大学野球>早大・斎藤、投打に活躍 法大戦で2勝目
2007 / 04 / 29 ( Sun )
 東京六大学野球は29日、神宮球場で第3週第2日の2試合。前日は雷雨ノーゲームとなった第1試合の明大―慶大は、明大が9―0で先勝した。第2試合の法大―早大2回戦では早大1年・斎藤佑樹(早稲田実)が14日の東大との開幕戦に続いて、2度目の先発登板を果たした。試合は早大が13―2で勝利。斎藤が2勝目をあげた。
 第2試合の観衆は2万8000人と発表された。大型連休に好天も重なり、昨年の甲子園を沸かせた大物ルーキーをひと目見ようと家族連れや女性ファンが球場に足を運んだ。
 実数発表のプロ野球と異なって概数発表だが、同じ神宮球場で行われた前夜のヤクルト―巨人戦の2万106人を上回るファンが、斎藤の一挙手一投足に目を凝らした。
 〇法大―早大〇
 斎藤は一回、法大の先頭打者・和泉(2年・横浜)に左前打を浴びるなど1死二塁から、今井(1年・履正社)に二塁内野安打を許し、1点を先制された。
 早大は一回、2死二塁から田中幸(4年・宇和島東)の中前適時打ですかさず同点とした。
 斎藤は二回、2死から1四球を与えたが、後続を空振り三振に取って切り抜けた。二回の攻撃では2死一塁で打席に立ったが左飛に倒れた。三回は3者凡退に抑えた。
  斎藤は四回、先頭の大沢(4年・作新学院)に甘く入った変化球を左前に運ばれ、さらに犠打で1死二塁と得点圏に走者を背負ったが、後続を空振り三振と遊ゴロに抑えた。
 攻撃でも斎藤は活躍。四回2死一、二塁で迎えた第2打席で左前適時打を放ち、勝ち越し点。法政の先発・二神(2年・高知)をマウンドから引きずり降ろした。
 斎藤は五回2死二塁での第3打席でも中前適時打を放ち、この日2打点目を挙げた。
 斎藤は六回、先頭打者に安打を許したが、後続を併殺と遊ゴロでしのぎ、七回は3者凡退で終えた。その裏の第4打席で代打を送られ、交代した。斎藤は七回を投げ、4安打1失点1四球。
 早大は打線も計13安打と好調で、13―2で法大を退けた。早大は開幕から4連勝で勝ち点2。斎藤は無傷の2勝目。

最終更新:4月29日18時2分 毎日新聞

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
16 : 49 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早大・斎藤、7回7K1失点&2打点!=東京六大学
2007 / 04 / 29 ( Sun )
 佑ちゃん、7回まで1失点! 東京六大学野球春季リーグ・法大vs.早大の一戦が29日、神宮球場で行われ、昨夏の甲子園で早稲田実高を優勝に導き、今春から早大に進学した斎藤佑樹投手が2度目の先発マウンドに上がった。斎藤は初回に先制を許したものの、その後7回まで無失点。打っては4回に勝ち越しタイムリー、5回にも2打席連続となるタイムリーを放ち、2打点を挙げた。7イニングを投げて、4安打、6奪三振、1四球、1失点。以下は斎藤投手の投球内容。

■7回
 リーグ戦最長イニングとなる7回に突入した斎藤。5番・亀谷をレフトフライに仕留めると、続く嶋田から空振り三振を奪い、この試合での奪三振は7個となった。代打・谷中はレフトフライに打ち取り、5回に続いて3度目の3者凡退に抑えた。

■6回
 4回に続き、5回の攻撃でもセンター前タイムリーを放つなど、バッティングでも非凡なセンスを披露した斎藤。早大のリードは6点に広がっている。6回、先頭の松原に初球をレフト前に運ばれ、この試合3度目のノーアウトからの走者を許す。しかし、3番・今井は初球ファウルの後の2球目を打って、ショートゴロ併殺打。続く大澤も初球を打ってショートゴロで、結果的に3人で抑えた。

■5回
 4回裏にまわってきた打席でレフト前タイムリーを放ち、自らのバットで勝ち越し点を奪った斎藤。2点のリードを得て5イニング目のマウンドに上がる。先頭の渡辺は初球を打って、一塁線へのライナー。続く武内は2ストライクからの122キロスライダーに手が出ず見逃し三振で、6個目の三振を奪う。トップに戻って和泉は1ボールからの2球目、外角高めの138キロストレートを打ち上げ、平凡な当たりのレフトフライ。斎藤はこの試合2度目の3者凡退に抑えた。

■4回

 先頭の4番・大澤に2球ボールの後の3球目、低めへのボールをすくい上げてレフト前に運ばれるヒット。続く亀谷には1ストライク1ボールからの3球目をピッチャー前に転がされ、犠牲バントで走者は二塁へ。苦しい展開を迎えた斎藤だが、6番・嶋田をフルカウントからの7球目、140キロ高めのストレートを振らせて空振り三振。7番・佐藤康は1ボールからの141キロ外角ストレートでショートゴロに打ち取り、無失点に抑えた。ややボール先行と乱れた斎藤だったが、ここまで毎回の5三振を奪っている。

■3回
 打順が一巡して、初回にヒットを許した1番・和泉と2度目の対戦を迎えるが、初球を打ってレフトフライ。2番・松原は1ストライク1ボールからの3球目、セカンド正面へのゴロに打ち取る。先制のタイムリーを浴びた3番・今井には、フルカウントから2球ファウルの後の8球目、143キロストレートで見逃し三振を奪った。この試合2度目の“同級生対決”は斎藤に軍配が上がった。斎藤はこの試合初めて3者凡退に抑えた。

■2回
 先制を許したものの、その裏に4番・田中幸のタイムリーで同点としてもらった斎藤。2回は先頭の嶋田をセンターフライ、7番・佐藤康をセカンドフライに打ち取り、簡単に2アウトとする。8番・渡辺には1ストライク3ボールから5球ファウルで粘られ、フルカウントからの10球目、143キロストレートは外角低めにはずれて四球で出塁を許す。しかし、続く二神は2ストライク1ボールからの5球目、124キロスライダーで空振り三振を奪い、無失点で切り抜けた。

■1回
 14日の東大戦に続き、2度目の先発となる斎藤。先頭の和泉に2ストライク2ボールからの5球目、真ん中高めに入ったボールをはじき返され、サードの頭上を越えるレフト前ヒットを許す。2番・松原には2球続けてボールの後、ストライク、ファウルで2ストライク2ボールと追い込んでから、142キロのストレートをピッチャー前へ転がされる犠牲バント。走者を得点圏に進める。同じく1年生の3番・今井との対戦は、初球ファウル、2球続けてボール、4球目ファウルで2ストライク2ボールからの5球目、センターへゴロで抜けていくかという打球。セカンドの上本が抑えたものの、ボールをはじいて二塁ベース後方へ転がる間に、二塁から和泉にホームインを許した。痛恨の先制点を与えた斎藤だったが、続く4番・大澤を2ストライク2ボールから127キロ高めへのスライダーで空振り三振。5番の亀谷も2ストライク1ボールからの4球目、内角低めへのボールで空振り三振に切って取り、最少失点に抑えた。

最終更新:4月29日16時27分  スポーツナビ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
16 : 27 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん 法大戦2戦目に先発も
2007 / 04 / 28 ( Sat )
 東京六大学で80年ぶりに1年生開幕投手として勝利を挙げた早大・斎藤佑樹投手(1年)が、28日から法大戦に臨む。優勝戦線を占うひとつのヤマ場となる今カードでは、第1戦先発はエース須田幸太投手(3年)が有力だが、第2戦は佑ちゃんが先発する可能性もある。
 15日の東大(2)戦に先発した福井優也投手(1年)が、まめがつぶれて三回途中で降板。早大は練習の取材を禁止しており回復具合は不明だが、状態によっては佑ちゃんが2戦目の先発マウンドに立つことになる。
 早大OBの阪神・岡田彰布監督(49)は、斎藤の先発の可能性について「(先発は)ないやろ。中(継ぎ)では投げるかもしれんけどね。福井次第よ」と意味深発言。14日のサプライズ先発に関しても「聞いてくれば教えてあげたのに」と話していた“事情通”の発言だけに、気になるところだ。

最終更新:4月28日10時23分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 23 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【大学】早大・斎藤、29日の法大2回戦で先発が決定!
2007 / 04 / 28 ( Sat )
 東京六大学野球春季リーグは28日、神宮球場で第3節を迎える。注目の早大・斎藤佑樹投手(1年、早実)が、29日の法大2回戦で先発することが27日、分かった。14日の開幕東大戦で先発し、大学初勝利をあげた“ハンカチ王子”。リーグ最多42度の優勝を誇る強豪相手に、真価を発揮する。

 春の心地よい風を切るように、早大の選手が次々とグラウンドを後にする。28日から法大戦を迎える早大。28日の1回戦はエースの須田幸太投手(3年、土浦湖北)が先発予定で、斎藤は29日の2回戦を任されることになった。

 14日の開幕戦(対東大)で6回1安打無失点と好投した斎藤。東京六大学では80年ぶり2人目の快挙となる1年春の開幕戦白星を飾った。一方、15日の東大2回戦に先発した同級生の福井優也投手(済美卒)は三回途中で2失点降板。この試合後、応武監督が「1週間あく(試合がない)ので、先発をもう一度考え直したい」と発言していた。

 早大と法大はともに勝ち点1をあげており、連覇を狙う早大にとって法大戦は、最初の山場となる。法大は東京六大学最多の42度の優勝を誇る強豪で、開幕カードの立大戦では2試合連続2ケタ安打と打線好調。斎藤にとっては、初めて臨む大学トップレベルの打線との真剣勝負。真価が問われる。

 早大はこの日、西東京市の早大グラウンドでフリー打撃やノックなど、約2時間の調整を行った。報道陣はシャットアウトされたが、関係者によれば、斎藤は須田、福井らと並んでブルペンで投球練習を行ったという。

 「マウンドに上がった以上、自分が一番だと思っています。投手陣の柱として優勝に貢献したい」と話す斎藤。春季リーグで1年生投手が開幕戦から2戦2勝すれば、83年目を迎える東京六大学でも史上初の快挙となる。ハンカチ王子がまたひとつ、歴史を塗り替える。

最終更新:4月28日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんスゲェ~!開幕先発初星
2007 / 04 / 15 ( Sun )
東大打線を6回1安打無失点に抑えた早大・斎藤佑樹=神宮(撮影・村中拓久)
東大打線を6回1安打無失点に抑えた早大・斎藤佑樹=神宮(撮影・村中拓久)



 東京六大学野球第1週第1日(14日・神宮)、「ハンカチ王子」の愛称で人気を集める早大の新人、斎藤佑樹投手(18)が東大との開幕戦で先発投手としてデビューし、初勝利を挙げた。1万8000人の観衆が見守る中、五回までパーフェクト、6回1安打無失点の好投だった。1年生が春季リーグの開幕戦で先発するのは極めて異例。昨夏の甲子園で日本中に大ブームを呼んだ「ハンカチ王子」が神宮に新たな旋風を巻き起こす。
 鮮烈な筋書きだった。早大史上初、東京六大学では77年ぶりの1年生開幕投手。そんな歴史的舞台で挙げたリーグ戦初勝利。しかし、主役を演じた斎藤は、まるで事もなげにウイニングボールをしまい込んだ。
 「9番、ピッチャー・斎藤佑樹君」。まさかのコールが神宮の杜(もり)にこだました。スーパースターのデビューは、救援か15日の第2戦と見られていただけに、どよめきと拍手に包まれた。
 落ち着いていた。得意のスライダーを中心にテンポよく投げ込む。五回まで東大打線をパーフェクト。「予定は五回までだったが、スコアブックを見たら1人も走者を出していなかった」(応武監督)と、六回も続投。大坪に右翼線二塁打を放たれたが、6回1安打無失点、8奪三振。上出来のデビューを果たした。
 エース須田幸太(3年)ら上級生を抑えての開幕投手。斎藤には応武篤良監督(48)から沖縄キャンプ中の3月6日に告げられた。「現在、須田も含めて全員がリーグ戦未勝利の若い投手陣の中で、斎藤には大舞台で投げた経験が一番ある。それを買った」と勝負に出た。応武監督から説明を受け、納得した須田が、笑顔で斎藤にアドバイスする場面もあった。
 しかし、チーム内の不協和音も懸念したという。「斎藤で負ければ『エースを信用していない』と部内崩壊するかもしれなかった。昨夜は眠れなかった」と明かした。応武監督は試合後、「開幕戦と残りのリーグ戦は切り離して考えている」と、今後はリリーフ中心での起用を示唆した。
 だからこそ、佑ちゃんも満を持してマウンドに立った。普通ならプレッシャーがかかる舞台も「あそこに上がった以上は、自分が一番だと思って投げた」と与えられた自らの役割を全うした。この先発の重さを意識してか、投手とは別の部分で注目されるに違いない「ハンカチ」は持たずにマウンドへ上がっていた。
 1月13日に早大に合流。慣れない環境に戸惑いがなかったわけではない。厳しい練習で絞られ、食欲がない日もあった。母・しづ子さんは「電話で話す声が寂しそうに聞こえるときがありました」と話す。フォームを崩し、キャンプでは調整遅れに悩んだ。だが、大舞台での好投で、自ら報いた。1万8000人の観衆にも「神宮の席はまだ空いています。もっと観衆を集めて、満員にしたい」と決意表明。球史を作り上げていく。

最終更新:4月15日10時10分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
10 : 10 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早大・斎藤が初勝利! 開幕投手で6回無失点=東京六大学
2007 / 04 / 14 ( Sat )
 佑ちゃんが衝撃デビュー! 東京六大学野球春季リーグが14日、神宮球場で早大vs.東大のカードを皮切りに幕を開けた。昨夏の甲子園で早稲田実高を優勝に導き、今春から早大に進学した斎藤佑樹投手が東大との開幕戦に先発デビュー。6イニングを投げて、1安打、8奪三振、無四球、失点、自責点0。140キロ前後のストレートとスライダーのコンビネーションで東大打線に的を絞らせなかった。7回から2番手の松下に継投し、マウンドを降りた。試合は早大が8対0で勝利した。以下は斎藤投手の投球内容。

■1回
 背番号16をつけて、マウンドに上がった斎藤。先頭の井尻への初球は外角へ140キロのストレート。結果はファウル。続くスライダーを打たせて、ファーストライナー。2番の森本哲には、2ストライクと追い込んでから143キロの外角高めのストレートで見逃し三振に仕留めた。3番・岩間には1ストライク2ボールからの4球目、真ん中低めの141キロのストレートでショートゴロ。初回を3者凡退、10球で終わらせた。

■2回
 2点をもらっての2回のマウンド。4番・山田を1ボールからの2球目、真ん中高めのストレートでセンターフライに仕留める。続く高橋には2ストライク1ボールから内角のスライダーで空振り三振。前代には2ストライク1ボールから真ん中低めのストレートで空振り三振と2者連続三振に打ち取った。

■3回
 先頭の大坪を1ボールからの2球目、ストレートでショートゴロに打ち取る。続く黒岩には外角のストレートでライトフライ。重信には2ストライク2ボールから1球ファウルを挟んでの6球目、外角142キロのストレートで空振り三振に仕留めた。

■4回
 早大の3回裏の攻撃に、同じ1年生で先発デビューを飾った原の3ランが飛び出し、リードを5点に広げる。同学年の活躍に笑顔を浮かべる斎藤。4回は井尻をセンターフライ、森本をフルカウントから内角高めの140キロのストレートで見逃し三振、岩間をフォークで空振り三振と、この回も打者3人で仕留める。

■5回
 先頭の山田を2ストライク2ボールからの5球目、真ん中のスライダーでショートゴロ。続く高橋はフォーク、スライダーで攻めると、最後は一転外角142キロのストレートで見逃し三振に仕留める。前代には1ボールから140キロのストレートでセカンドゴロ。5回を終わって、1人の走者も許さないパーフェクト投球を見せる。

■6回
 先頭の大坪に初球のストレートを打たれて、ライトへの二塁打。5回までのパーフェクトが途切れた。その後は、黒岩をショートゴロに抑えると、小島をセンターフライで2死。最後は東大打線で一番タイミングの合っていた井尻を外角141キロのストレートで空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。この試合初めてのセットポジションになったが、冷静な投球で、得点を与えなかった。

最終更新:4月14日14時40分 スポーツナビ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
14 : 40 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんデビューへ「緊張してます」
2007 / 04 / 14 ( Sat )
チームメートと笑顔を見せる早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド
チームメートと笑顔を見せる早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド



 東京六大学野球春季リーグ戦が14日、開幕する。ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(1年)がベンチ入りする早大は開幕戦で東大と対戦する。13日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた練習に参加した斎藤は、ブルペンで56球を投げるなど、デビューに備えた最終調整を行った。
 昨夏の甲子園を沸かせた国民的アイドルが、いよいよ大学デビューを迎える。「緊張しています」。注目の一戦となる東大戦を控え、斎藤の胸は高鳴るばかりだ。
 開幕前日練習では、ブルペンで56球を投げ、デビュー登板に備えてスタンバイ。練習後には、恒例のベンチ入りメンバーへのユニホーム授与式が行われ、応武監督から、真新しい背番号「16」のユニホームが手渡された。オープン戦で着た暫定ユニホームは体に合わず、ブカブカだったが、今回はきっちりと採寸をした“佑ちゃん仕様”だ。
 オープン戦と社会人対抗戦では7試合に投げ、21イニングを4失点と好成績を残した。ただ、目標としていた開幕投手は、エース須田幸太(3年)が務めることが濃厚。先発2番手には福井優也(1年)が控える。
 応武監督は斎藤について「ご覧になっているとおりのランク。ちょっとでもチャンスがあれば神宮のマウンドに送り出してやりたい」と話しており、デビューは開幕カードの14か15日の東大戦でのリリーフ登板となる可能性が高い。
 練習後は、グラウンド近くの東伏見稲荷神社に出向き、チームメートと必勝祈願を行った。チームには、連覇という目標がある。佑ちゃんの士気も自然と高まってくる。
 高校野球の頂点に立ち、プロ入りという選択肢に揺れながら、あえて大学に進学して4年間「WASEDA」のユニホームを着ることを選んだ。神宮という舞台で繰り広げられる新しいドラマが、今、幕を開ける。

最終更新:4月14日10時44分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
10 : 44 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんがOP戦を0封締め
2007 / 04 / 10 ( Tue )
ホームランを放った同級生の原(左)を笑顔で出迎える早大・斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド
ホームランを放った同級生の原(左)を笑顔で出迎える早大・斎藤佑樹=東伏見の早大グラウンド




 早大・斎藤佑樹投手(1年)が8日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われたJFE東日本とのオープン戦に登板した。八回に4番手でマウンドに上がり、1回1安打無失点に抑えた。
 オープン戦最終戦は、直球主体の力強い投球だった。一死から左前打を浴びたが、捕手・山縣(3年)の盗塁阻止で二死。続く打者を中飛に打ち取った。JFE東日本の蔵元監督は「堂々とした、思い切りのいい投球をしていた」と絶賛した。
 その裏チームの勝ち越しを呼び“大学2勝目”をゲットする強運も。これまで社会人対抗戦も含めオープン戦7試合に登板。計21回4失点とまずまずの安定感だ。
 14日の春季リーグ戦開幕の東大戦は、エース須田(3年)の先発が最有力。斎藤は2戦目の先発を福井(1年)と争っているが、先発しない場合でもリリーフで待機する。14、15日の開幕カードでデビューを飾るのは確実だ。
 この日は父・寿孝さん(58)、母・しづ子さん(46)が駆けつけた。両親の前でも力投を披露した佑ちゃん。本格デビューへ、背番号16はスタンバイOKだ。

最終更新:4月10日10時42分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 42 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早大・斎藤 開幕は中継ぎが濃厚
2007 / 04 / 09 ( Mon )
<早大・JFE東日本>8回から早大4番手として登坂した斎藤
<早大・JFE東日本>8回から早大4番手として登坂した斎藤



 早大・斎藤佑樹投手(1年)が14日開幕の今春リーグ戦でセットアッパーを務めることが濃厚となった。8日、リーグ戦前最後のオープン戦、社会人・JFE東日本戦で斎藤は5―5の8回から登板。打者3人に12球を投げ、1安打無失点で切り抜けた。その裏に味方が勝ち越し。9回はエース須田が締めて斎藤に“大学2勝目”が舞い込んだ。

 斎藤は今オープン戦計7試合に登板。中継ぎ登板した4試合はすべて無失点と好投しているが、現時点でリーグ戦の先発は須田と福井が務めることが濃厚。斎藤は3番手の立場で先発は絶望的だが、関係者は「2番手として起用されるのではないか」と話した。早大史上初の1年生開幕投手は可能性が低くなったが、セットアッパーとしての起用はファンにとっては“朗報”だ。全試合で登板待機するため、週末は神宮球場で連日ハンカチ王子を見られることになりそうだ。
[ 2007年04月09日付 紙面記事 ]

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
13 : 29 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<斎藤佑>オープン戦2勝目 4番手として登板
2007 / 04 / 08 ( Sun )
 東京六大学野球春季リーグ戦開幕を控えた早大は8日、西東京市の早大グラウンドでオープン戦最終戦となるJFE東日本戦を行い、6―5で勝った。斎藤佑は同点の八回、4番手として登板し、1イニングを1安打無失点。直後に早大が勝ち越し、斎藤佑がオープン戦2勝目を挙げた。12球を投げ最速は140キロだった。

最終更新:4月8日21時16分 毎日新聞

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
21 : 16 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
早大・斎藤、オープン戦2勝目
2007 / 04 / 08 ( Sun )
 東京六大学野球の開幕を控え、早大の斎藤佑樹投手が8日、社会人野球のJFE東日本とのオープン戦に救援で登板し、勝利投手となった。同点の8回から4番手でマウンドに上がり、速球主体に1回を投げ、1安打無失点。直後に早大が勝ち越してそのまま逃げ切り、斎藤にオープン戦2勝目が転がり込んだ。
 JFE東日本の蔵元監督は、斎藤について「1回だけだからよく分からないけれど、堂々としていた。思い切りのいい投球だった」と評価した。
 早大のオープン戦はこの日が最終戦。東京六大学野球の春季リーグ戦は14日に開幕し、早大は東大戦と対戦する。 

最終更新:4月8日18時1分 時事通信

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
18 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん快投!“ 大学初勝利”
2007 / 04 / 07 ( Sat )
東海大を6回無失点に抑えた早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド(撮影・村中拓久)
東海大を6回無失点に抑えた早大・斎藤佑=東京・東伏見の早大グラウンド(撮影・村中拓久)



 早大に入学した斎藤佑樹投手(1年・早実)が6日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた東海大とのオープン戦に先発。6回を2安打無失点に抑える力投を見せた。リリーフした松下建太投手(2年・明徳義塾)がリードを守り切り、試合は2-0で勝利。佑ちゃんが“大学初白星”を挙げた。
 ハンカチ王子が“大学初勝利”を挙げた。
 気がつけば佑ちゃんのペースだった。木製バット対策として咋秋から習得しているツーシームを多投し、打たせて取る投球に徹した。
 直球は141キロ止まりで、奪三振は4だったが、終わってみれば、べストメンバーで臨んだ強豪・東海大相手に許した安打はわずか2本。東海大・伊藤監督は、「ツーシームがよく落ちていたね。先発として十分できるんじゃないかな」と舌を巻いた。
 中軸と下位打線で強弱をつける器用さも見せつけた。ネット裏で視察した巨人・織田スカウトは「考えながら投げている。まだ試行錯誤しながら投げているという印象を受けるが、その中で点を取られないのは大したもの」と評価。横浜・荒井スカウト部長は「足の速い走者が出たときはしつこくけん制するなど、自分で状況判断ができている」と、投球以外のセンスの良さにほれ直した様子だった。
 オープン戦最終週となった4日からの試合では、エース須田(3年)、福井(1年)、斎藤の順で先発。開幕直前のローテはリーグ戦を想定して組まれるケースが多く、14日の開幕戦(東大戦)の先発は須田になる可能性が高くなった。佑ちゃんは、開幕カードではリリーフに回ることも予想される。
 どんな場面であっても、この日の“初勝利”で自信を持ってマウンドに向かえるはずだ。

最終更新:4月7日9時56分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
09 : 56 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん6回2安打4K無失点
2007 / 04 / 07 ( Sat )
東海大とのオープン戦に先発した早大・斎藤は6回を2安打無失点の好投を見せる(撮影・為田聡史)
東海大とのオープン戦に先発した早大・斎藤は6回を2安打無失点の好投を見せる(撮影・為田聡史)



 早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が6日、東京・西東京市の早大グラウンドで行われた東海大とのオープン戦で、先発2本柱入りを猛アピールした。9回1イニングを零封した前日5日に続いて先発マウンドに上がり、6回86球を投げて2安打無失点に抑えた。
 最速は141キロで、強豪東海大から4三振を奪った。相手を見ながら投球を組み立て、要所を締める持ち前の投球術を披露。東海大の伊藤栄治監督は「勝負どころを分かっているし、ピッチングを知っている。リーグ戦でも中心選手として十分やっていける」と話した。昨秋の国体から使うツーシームについても「最初はフォークかと思った。米国で覚えたと聞いたが、いい具合に落ちてピッチングの幅を広げている」と認めた。
 斎藤はここまでオープン戦(社会人対抗戦を含む)6試合で計20イニングを投げて4失点。防御率1・80の成績を残す。オープン戦は残り2試合のため、この日が開幕前最後の対外試合先発になる可能性が高い。
 今週は東都リーグ勢など強豪相手の1週間で、初戦は須田幸太投手(3年)、2戦目は福井優也投手(1年)が先発した。須田は完封、福井は8回3失点とともに好投。通常なら14日からの開幕2連戦もこのローテーションの可能性が高く、斎藤は3番手から先発2本柱入りをかけることになる。開幕まで残り1週間。この日の好投で望みをつないだ。

最終更新:4月7日9時39分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
09 : 39 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斎藤が早大初勝利!東海大戦に先発、6回零封
2007 / 04 / 07 ( Sat )
 早大は6日、西東京市東伏見の早大グラウンドで東海大(首都大学リーグ)とオープン戦を行い、2-0で快勝。3月27日の日体大戦以来の先発となった斎藤佑樹投手(1年)は、6回を投げて2安打無失点に抑え、大学初勝利をマークした。

 開幕投手をグッと引き寄せる快投だった。前日(5日)の青学大戦に続く連投となった斎藤。四回以外は毎回走者を置いたが、縦に落ちるスライダーなど変化球を低めに集める。4奪三振ながら86球をテンポよく投げ込み、三塁を踏ませなかった。

 6回2安打無失点。3月27日の日体大戦(東伏見)以来、10日ぶり3度目の先発マウンドで“大学初勝利”を飾った。

 斎藤が試合後にコメントを残すことはなかったが、ネット裏で視察した横浜・荒井スカウト部長が「回転のあるボールを投げていた。試合に強いタイプだよね」といえば、今秋のドラフト候補で3打数無安打に封じられた東海大の荒波も「落ちる球がうまくコントロールされていました。手元で変化させるボールには自信を持っているんじゃないですか」と驚いた様子。

 これで、社会人対抗戦を含むオープン戦6試合で失点したのは1試合(対日体大)だけ。計20回を投げて4失点、防御率1.80と抜群の安定感で、1週間前に控える14日の開幕戦(対東大)デビューに向けて、猛アピールを続けている。

 早大のオープン戦は、7日の東洋大戦と8日のJFE東日本戦の2試合を残すのみ。3年生右腕の須田幸太、同級生の福井優也らとの開幕投手争いが、いよいよ佳境に入った。

最終更新:4月7日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん“大学初白星”…東海大戦先発6回2安打無失点
2007 / 04 / 07 ( Sat )
6回を投げ、応武監督に降板を告げられる斎藤(左)。2安打無失点の好投で“大学初勝利”を挙げた
6回を投げ、応武監督に降板を告げられる斎藤(左)。2安打無失点の好投で“大学初勝利”を挙げた



 ◆アマ野球オープン戦 早大2―0東海大(6日・東伏見) 早大・斎藤佑樹投手(1年)が6日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた東海大とのオープン戦で先発し、6回2安打無失点で“大学初白星”を挙げた。

 青学大戦に続く連投。最速145キロを披露した前日とは異なり、丁寧に低めを突く投球に“変身”。MAXは141キロながら、ツーシームで打者のタイミングを外す巧投で、荒波翔、加治前竜一(ともに4年)といった今秋のドラフト候補をそろえる東海大打線に、三塁を踏ませず86球を投げきった。

 斎藤、松下建太(2年)のリレーで、0―2と完敗した東海大・伊藤栄治監督(40)は「(スライダーを多投する)昨夏のイメージで臨んだが、ツーシームを覚えてピッチングの幅が広がっている」と新球をマスターした1年生右腕に脱帽した。

 これで4試合、計9イニング連続で無失点。数字だけを見れば調子は上向いているようだが、巨人・織田淳哉スカウトは「フォームに強弱をつけたり、いろいろ試しながら投げている」とクレバーさを評価していた。

(2007年4月7日06時00分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
06 : 00 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃんも抑えた!145キロ1回2K
2007 / 04 / 06 ( Fri )
 早大に入学した斎藤佑樹投手(18)が5日、東京・東伏見の早大グラウンドで行われた青学大とのオープン戦で九回に登板。8回まで投げた先発・福井優也(1年)をリリーフし、1回を無安打無失点、2奪三振の好投で存在感を見せた。
 3-3の同点で迎えた九回、佑ちゃんに登板機会が訪れた。先頭打者には、10球粘られたものの、ワンバウンドのスライダーで空振り三振に。1四球を与えたが、最後の打者はフォークで空振り三振に仕留めた。
 直球は最速145キロをマーク。視察したロッテ・山下スカウトは「制球力の良さは健在。1年生とは思えない」とうなった。対戦した青学大・河原井監督も「初めて見たが、素材の良さは分かる」と評価した。

最終更新:4月6日10時16分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
10 : 16 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佑ちゃん2K、抑え役きっちり
2007 / 04 / 06 ( Fri )
 早大・斎藤佑樹投手(1年)が5日、青学大とのオープン戦で抑え役をきっちりとこなした。9回から登板し、打者4人に24球を投げて2奪三振。最速145キロをマークし、強豪を無安打に抑えた。青学大の河原井正雄監督(52)は大学日本代表監督で、斎藤にとっては初の“御前登板”。河原井監督は「(早大)応武監督があまり状態が良くないと言う中でこれだから、もっと良くなるんでしょう。」と期待した。
 前日は開幕投手候補の須田幸太投手(3年)が完封し、この日は同級生の福井優也投手(1年)が8回3失点と好投した。ライバルたちに後れを取りたくない斎藤にとっては、結果が求められる場面だった。ロッテ山下スカウトは「ストレートの力があって、変化球の切れも良かった」と話した。

最終更新:4月6日9時59分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆

09 : 59 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早大・斎藤1回2奪K!3戦連続無失点、開幕へ着々
2007 / 04 / 06 ( Fri )
 早大は5日、西東京市の早大グラウンドで青学大(東都大学リーグ)とオープン戦を行い、3-3で引き分けた。注目の斎藤佑樹投手(1年)は同点の九回から2番手で登板。1回を無安打2奪三振で無失点に抑えた。

 斎藤は3-3の九回、先発した福井優也投手(1年)に続く2番手としてマウンドへ。先頭の高島からスライダーで空振り三振を奪うと、四球などで二死二塁となったが、代打・奥平を空振り三振に仕留めた。最速は145キロ。1イニングで24球を要したが、無安打無失点にまとめた。

 「ちょっと力んでいたけど、大学トップレベルの投手と比べてもそん色なかった。リーグ戦でも早稲田の勝利に貢献できると思います」とネット裏で視察したロッテ・山下徳人スカウトは話す。

 この日を含め、3試合連続で1回ずつの救援登板となったが、いずれも無失点。6日の東海大戦(東伏見)から残り3試合のオープン戦で、4月14日の開幕戦へ向けた“最終テスト”が行われることになりそうだ。

最終更新:4月6日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。